コロナ直撃のU-24世代、実は前向きだった! フリスク 新生活モヤモヤと思いきや?白書 公開、動画やプレゼントも

2022.05.30

ミントの刺激で即効リフレッシュできる「FRISK」(クラシエフーズ)は、高校卒業・大学入学・就職といった大きく生活が変化する時期に、U-24世代(18-24歳)の若者たちを中心に、インタビュー調査を実施。

調査の結果、制限されることが多い環境のなかで、幾多のモヤモヤを抱え、先が不透明な情勢にあきらめを感じつつも、日々の生活に新たな価値観を見つけ出し、前向きに前進している若者たちの姿がみえてきた。

そこで FRISK は今回、インタビュー調査で明らかとなった若者のモヤモヤや、新たな価値観をもとに、大人世代(25-69歳)を含む1万人に大規模調査を行い、その結果をまとめた「新生活モヤモヤと思いきや?白書」(フリスク調べ)を公開↓↓↓ そこで4つの注目点を紹介しよう。
https://www.frisk.jp/campaign/special4/hakusyo/

モヤモヤと思いきや?「かわいそうと言われるけど、それなりに楽しんでいる」若者は4割以上

大人より前向きな若者。現在の生活の満足度は、若者平均が大人より5ポイントも高い結果に

「変化することに慣れてきた」「移動という無駄が省かれて効率的」「オンライン配信などは従来よりも活動の選択肢が広がった」「会いたくない人に会わなくて済む」は、いずれも大人より若者の共感度が高い

変われない?大人にモヤモヤ。大人たちへのメッセージとして、「時代が変わっていることに気づいていますか?」への共感は5割以上

若者たちが前向きに切り替え生きる姿を描いたムービーも公開!

また、フリスク / FRISK JAPAN 公式YouTubeチャンネルでは、インタビュー調査や大規模調査を通してみえてきたU-24世代(18歳~24歳)の若者たちが抱えている“モヤモヤ”や、それらを経て生まれた新たな価値観へ前向きに切り替えて生きている彼らの生声を切り取ったムービーを公開。

同ムービーでは、同じ時代を生きている若者同士が、彼らのありのままの言葉で、コロナ禍のモヤモヤや、それらを経て生まれた新たな価値観などを赤裸々に語り、アフターコロナにおける新たな価値観の種が散りばめられた内容に。

TwitterリツイートでAmazonギフトやFRISKセットをゲット!

さらに、「新生活モヤモヤと思いきや?白書」の公開を記念し、合計350名に抽選で「Amazonギフト」や「FRISKセット」が当たる「FRISK“#モヤモヤと思いきや白書”キャンペーン」を6月5日まで開催中。新宿・渋谷・新橋・品川では交通広告も公開する。

応募は、FRISK公式Twitterアカウントをフォローし、「新生活モヤモヤと思いきや?白書」から見えてきた、日々の生活に新たな価値観を見つけ出し、前向きに前進しているリアルな「若者世代の声」をチェックし、リツイートするだけ。

引用リツイートで自分の意見を付け加えると当選確率が2倍に。気になる人は公式サイトをチェックしてみて↓↓↓
https://www.frisk.jp/campaign/special4/hakusyo/