「こんな『あかり』があったらいいな」

「こんな『あかり』の使い方ができれば便利だ」

―――そんな想いを試せるアイデアを、7月20日まで募集している。それが↓↓↓

Lighting 5.0 ~未来のあかりアイデアコンテスト2023~

ADVERTISEMENT

「Lighting 5.0 ~未来のあかりアイデアコンテスト2023~」は、日本照明工業会(JLMA)が提唱・定義する新時代のあかりの概念「Lighting 5.0」を体感するコンテストで、実業家 若新雄純 慶応大学特任准教授が特別審査員を務める。

「Lighting 5.0」の持つ「健康」「安全」「快適」「便利」の4つの価値を活かしたさまざまなアイデアを広く募集する。

最優秀賞金30万円! あかりの新しい可能性のアイデア募集!

「Lighting 5.0 ~未来のあかりアイデアコンテスト2023~」では、「Lighting 5.0」の持つ4つの価値(「健康」「安全」「快適」「便利」)がもたらす、みんなの暮らしを豊かにする、未来のあかりのアイデアを大募集。

「こんな『あかり』があったら便利だ」「こんな『あかり』があれば、こんな問題が解決するのに」「こんな『あかり』の使い方ができれば暮らしが変わる」といった、未来のあかりのアイデアや、あかりの機能の新しい使い方をみんなで応募しよう。

審査は、一次審査、一般からのWEB投票などの二次審査を通じ、最優秀賞には賞金30万円! 優秀賞金は10万円、学生特別賞金は10万円、奨励賞金は5万円×4名、参加賞金は1万円×10名(抽選)。

また、すでに世の中にある照明の機能を使った活用アイデアでもOK。

応募は、特設サイトにあるアイデアシートをダウンロード↓↓↓
https://www.jlma.or.jp/sp/lighting_action_2030/contest/index.htm

若新雄純「多様なアイデアが集まることを楽しみに」

「ぼくたちの生活になくてはならない照明。それはただ暗闇を照らす機能的な『あかり』から、健康や安全、居心地、空間表現など文化的側面を持つ『あかり』へと変革し続けています。

今回のアイデアコンテストを通じ、いままで見落としていた何かを発見できるような、新しい『あかり』のあり方・提案や、照明とは何であるかをみんなで大げさに話し合いたくなるような、多様なアイデアが集まることを楽しみにしています」(若新雄純 特別審査員)

アイデア、社会貢献性、Lighting 5.0の4つの価値などで審査

応募頂いたアイデアをもとに、選考委員会にて一次審査として書類審査を実施。

審査基準は、アイデア、社会貢献性、Lighting 5.0 の4つの価値や Society 5.0 との親和性の3つのポイントで審査する。

一次審査通過作品はコンテスト特設サイトに掲載のうえ、一般からのWEB投票と、オンラインによるかんたんプレゼンテーションを実施。

総合的な審査を行い、最優秀賞・各賞を決定する。

未来のあかりアイデアコンテスト実施の背景

日本照明工業会(JLMA)は、政府が提唱する経済発展と社会的課題の解決を両立する人間中心の社会のあり方「Society 5.0」に対応する次世代照明を「Lighting 5.0」と位置づけ、広く啓発活動を展開。

この Lighting 5.0 は、日本照明工業会が提唱・定義する新時代のあかりの概念。

従来のあかるさを得るためだけの照明ではなく、「健康」「安全」「快適」「便利」な高付加価値な照明のことで、人を中心に、さまざまなモノやコトとつながる、「Society 5.0」の社会に対応する次世代照明のこと。

この新しい照明の概念である「Lighting 5.0」を身近に感じ、自分ごととして考えていただきながら、広く多く人とともにあかりの未来をいっしょに考えていくべく、これからのあかりに関してアイデアを募る「Lighting 5.0 ~未来のあかりアイデアコンテスト2023~」を実施することに。

主催は一般社団法人 日本照明工業会、協力は一般社団法人 照明学会、後援は経済産業省(予定)、環境省(予定)。

また、日本照明工業会(JLMA)が提唱・推進する「Lighting 5.0」の詳細な情報は、LIGHTING ACTION for 2030スペシャルサイトで公開しているから、こちらもあわせてチェックしてみて↓↓↓
https://www.jlma.or.jp/sp/lighting_action_2030/