大阪キリスト教短期大学付属の研究機関として保育・幼児教育におけるアナログとデジタルの融合の研究のため2023年4月に新設した、OCC教育テック総合研究所。

この大阪キリスト教短期大学 OCC教育テック総合研究所は、あす8月10日 13:00~16:00 、アルカディア市ヶ谷で「第1回OCC教育テックフォーラム」(参加料無料/要事前登録)を開催。このフォーラムのようすは、オンラインでも配信される。

「第1回OCC教育テックフォーラム」(参加料無料/要事前登録)では、教育界のオピニオンリーダーが勢ぞろいし、講演およびパネルディスカッションにより教育×テクノロジーの現在地や将来像、変革へのヒントや、新たな取り組み事例など、最新の教育テックについて議論する。

地域・学校にデジタルリテラシー格差を解消すべく議論

ADVERTISEMENT

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、デジタルに関するリテラシーが、提供者(教員)、利用者(生徒・保護者)全員がおざなりななか、突貫工事的に新しい教育プロセスを導入せざるを得ない状況に陥った。

こうした事情で、一部の業務の合理化が進められ、スマートフォンや Surface 機器が教育現場に導入され、このような ICT(インターネット・パソコン・タブレット・スマートフォンなどの情報伝達技術を使ったコミュニケーション)を活用することで、いままでの教科書を使った授業に加えて、映像や音を授業内容に活用したり、情報の共有をしやすくなったりと、個別最適な学びの実現が期待されている。

教員にとっては、ICT を活用することで業務効率化や、業務量を軽減できるいっぽうで、ICT 活用のスキルが求められ、教員の負担が増えてしまうという矛盾が生じ、デジタルリテラシーの差により地域や学校間での格差が広がるという事態に陥っている。

業務量の多い教育現場の働き方改革においては、業務効率化のための ICT 活用が不可欠であることから、環境整備や人材育成が求められている。

「第1回OCC教育テックフォーラム」では、その課題解決のため、これからの教育のビジョンやそれを実現していく、ICT活用、人材養成について議論するほか、ICT 活用と働き方改革の同時実現の先進的な事例、研究結果を報告する。

◆第1回OCC教育テックフォーラム(参加料無料/要事前登録)
https://www.occ.ac.jp/iite/forum202308/

――― OCC教育テック総合研究所は、これまで2万人以上の教育者養成実績や幼稚園・保育園運営で培った経験を、テクノロジーと結びつけることで、教育現場に集積する暗黙知を形式知へと押し上げ、個別最適な学びの創出と産業課題である働き方改革の実現を目指していく。

さらに、テクノロジーを最大限に活用することで、生徒一人ひとりに向き合う新しい教育の形成をめざすという。