先進国が寄付した服の大半はガーナのスラムの海に捨てられている―――。

そんな衝撃事実を目の当たりにし、先進国が投棄したこうした廃棄物でアートをつくり続ける日本人美術家がいる。

それが長坂真護、日本橋三越本店で 8/23〜8/28 作品展開催

もはや、この衝撃の風景から、人類は目を背けられない―――。

ADVERTISEMENT

ここは、世界でも有数の「電子機器の墓場」といわれるガーナのスラム街―――アグボグブロシー。

このアグボグブロシーの衝撃の風景や、そこで暮らす人々との出会いをきっかけに、スラム街に集積した廃棄物を使ったアート作品をつくりはじめたのが、長坂真護(NAGASAKA MAGO)。

彼は、「サステナブル・キャピタリズム」(=経済・文化・環境の3軸が好循環する持続可能な資本主義)を掲げ、その売上を現地の人々へと還元する活動を続けている。

そんな長坂真護の展覧会「長坂真護展 Still A BLACKSTAR – truth of capital -」が、8月23〜28日の6日間、日本橋三越本店 本館7階 催物会場で開催。

アートを通じてサステナブルな社会をめざす長坂真護の想い

この「長坂真護展 Still A BLACKSTAR – truth of capital -」では、活動の原点である「ガーナ」シリーズを中心に、長坂真護の世界平和への願いが込められた作品の数々を展示・販売。そこには、長坂真護のこんな想いが込められている。

「2030年までに、ガーナ人10,000名の雇用を通じ、『世界最悪のスラム街』を『公害ゼロのサステナブルタウン』へ」(長坂真護)

そんな長坂真護の挑戦を体現するのが、この日本橋三越本店 8/23〜8/28 開催「長坂真護展 Still A BLACKSTAR – truth of capital -」。

「サステナブル・キャピタリズム」を掲げ、アートを通じてサステナブルな社会をめざす美術家 長坂真護の今後の活動にも、注目を。

―――ここからは、今回の「長坂真護展 Still A BLACKSTAR – truth of capital -」で展示・販売される作品の一部を紹介↓↓↓

長坂真護「ガーナ」

経済誌で目にしたごみの山にぽつんとたたずむ子どもの写真が、運命のターニングポイント。

世界には日本を含む先進国が捨てた「電子機器の墓場」が存在していた。

ガーナのスラム街の電気機器廃棄物の山を見て抱いた「アートの力でこの不条理な現実を変えたい」という強い想いを作品へと昇華した。

長坂真護「月」

2015年に起きたパリ同時多発テロ。テロ以前に一時パリに住んでいた長坂真護は既知のその現場を事件後訪れた。

世界中のどこでも誰でもみることができ、心に平安がもたらされる“月”をモチーフに、その月に舞う蝶に平和を願う自身の姿を重ねている。

地元・ 福井県の越前和紙を使用。

長坂真護「新世界」

2020年以降、未知のウイルスにより突如我々の生活は一変した。

古い概念を捨て、新たな思想を築くことを迫られているいま、長坂真護が絵で表現するニューノーマルという新しい概念思想。彼の見つめる先の未来がここにある。

長坂真護「小豆島」(SHODOSHIMA)

2021年7月、ガーナのスラム街「アグボグブロシー」が消滅したと知る。

焼き場の失業者に新しい仕事を提供するため、オリーブ農園の勉強に訪れた小豆島にも、沢山のマイクロプラスチックやシーグラスの破片があった。

長坂真護の目に映る、小豆島に住む妖精や生き物を、これらの投棄物を使いアートで表現。

―――これら以外にも、高さ4m超えの立体作品「Tea pot on capitalism」や、横幅7mを超える「War of capital」、自身の代表シリーズ「真実の湖」の新作などを今回の展示会で初披露予定。

いまこそ、長坂真護の叫びを体感してみて。

長坂 真護/ NAGASAKA MAGO プロフィール

美術家
MAGO CREATION 代表取締役
MAGO MOTORS JAPAN 代表取締役
MAGO MOTORS LTD CEO
iU 情報経営イノベーション専門職大学 客員教授
http://www.magogallery.online

1984年生まれ。2009年、路上の絵描きとなり世界を放浪後、2017年に世界最大級の電子機器の墓場と呼ばれるガーナのスラム街・アグボクブロシーへ向かう。

それ以降、スラムの人権と環境保全を改善するため廃棄物で作品を制作し、その売上から生まれた資金で、現地にアートギャラリー、リサイクル工場建設、オーガニック農業やEV の事業を展開。

経済・文化・環境の3軸が好循環する新しい資本主義の仕組み「サステナブル・キャピタリズム」を 提唱し、2030年までにガーナ人10,000名の雇用創出をめざす。

スラム街をサステナブルタウンへ変貌させるため、日々精力的に活動を続けている。

2022年上野の森美術館にて自身初となる美術館個展を開催。第51回ベストドレッサー賞(学術・文化部門)受賞。

ガーナに「MAGO MOTORS LTD」を設立し、現在ガーナ人38名の雇用を創出(2023年7月時点)。

(C) MAGO CREATION