ミーレ・ジャパンは、12月31日までに Miele 食器洗い機 G7000/G5000シリーズを購入した人に、感謝の気持ちを込めて、保証期間が計5年間となる特別クーポンをプレゼントする。

Miele 食器洗い機 G7000/G5000シリーズを購入後、製品外箱に貼り付けてある「5年延長保証(メーカー保証2年+延長保証3年)」の引き換えクーポンで、ミーレ公式オンラインストアに購入者登録後、クーポンコード適用で5年延長保証を無償で引き換えられる。

クーポン引き換えは機器の設置が完了した月の翌月15日以降。延長保証クーポン引換期間は、9月~2024年2月29日。

ADVERTISEMENT

◆Miele食器洗い機 5年延長保証
https://life.miele.co.jp/lp/5ext-cp/

製品の長期使用こそが“究極のサステナビリティ” Miele

Miele(ミーレ)は、1899年の創業以来約125年にわたり、「Immer Besser(常により良いものを)」をブランドプロミスに掲げ、製品の信頼性・耐久性において一切の妥協をせず、洗練されたデザイン性と革新的な機能性、耐久性に優れたクラフツマンシップを貫くものづくりを追求し続けるドイツ発のメーカー。

Miele は製品の長期使用こそが“究極のサステナビリティ”であると考え、長く安心して使えるよう、20 年の使用に相当する製品テストを実施。

修理体制においては、経験豊富な Miele 専門エンジニアが修理し、信頼できるサービスを迅速に提供。

Miele では、7万点以上の純正スペアパーツをドイツの中央倉庫に常備し、販売モデルの工場での製造終了から最長15年間、最低でも10年間は、スペアパーツを入手できる。

また、専用の純正お手入れ剤を使用することで、食器洗い機であれば、庫内にこびりついた水あか、石けんカス、油分やカルキをしっかりと除去し、食器洗い機の性能を保つとともに製品寿命を伸ばしている。

「長く安心してお使いいただけることをめざして」

「長年にわたりユーザーの『Miele のある暮らし』に家族のように寄り添い、『愛着がわく家族のような家電』として長く安心してお使いいただけることをめざしています」(Miele)

こんな想いから、最愛の一台として Miele の食器洗い機を選んだユーザーに、さらなる安心感をもって長く使えるよう、保証期間が計5年間となる特別クーポンのプレゼントを実施するという。

家電を何台も買い替える代わりに、一台の Miele をお手入れや修理をしながら長く使い続けてほしい、という思いからこの5年延長保証プレゼントを展開したという。

そんな Miele 食器洗い機が、「最愛の一台」に選ばれる特長を、ここでチェックしていこう。

圧倒的な大容量

使いやすいバスケット・カトラリートレイでストレスなく、たくさんの食器の出し入れが可能であることも Miele 食器洗い機の特徴のひとつ。

下段バスケットは、大皿やフライパン、ボウル、鍋も楽々収納、幅60cm機種は深さのあるお椀型の食器もいれやすい「アジア仕様バスケット」を搭載。

また、食器洗い機対応の五徳や魚焼き用グリル、換気扇のフィルターもきれいに洗える。

最上段のカトラリートレイには細かく仕切りがあり、スプーンやナイフ、フォークなどのカトラリーを傷つけずにキレイに洗浄できるうえ、幅60cm機種では、レードルや高さのある調理器具、デミタスカップも調節して入れることができる。

上段バスケットは2cm間隔で3段階の高さ調節ができ、下段バスケットにいれた洗い物の高さに合わせて斜めにすることも可能。

デリケートな脚の長いグラス類もキズをつけず、きれいに洗浄できる。

予洗い不要な洗浄力

Mieleの食器洗い機に洗い物を入れるさいには、流水で汚れを事前に洗い流す必要なし。

食器洗い機の洗浄力は、「時間」「温度」「機械力」「洗剤力」の4つの総合力で決まるといわれ、Miele は、1929年にヨーロッパで初めて食器洗い機を開発したパイオニアとしての英知を結集させ、これらを具現化。トータルで考えることで、優れた洗浄力を実現させている。

◆時間:

時間が長いほどに洗浄性能は向上するが、急ぐ場合はほかの要素を調整する必要がある。

Miele の食器洗い機は、対象に合わせて最適な時間をコントロール。

急いでもしっかり洗える〈QuickPowerWash 65度〉や、頑固な汚れに最適な〈インテンシブ75度〉など、多彩なプログラムや追加オプションを搭載している。

◆温度:

最適な温度は洗剤の成分活性化だけでなく、とくに油脂汚れの除去を促進するが、ガラスなどの熱に弱い食器や熱によって固まるたんぱく質などには注意が必要。

Miele の食器洗い機は、鍋などの乾いてこびりついた汚れをもしっかり洗浄する強力なプログラムをはじめ、熱に弱い食器や繊細なガラス製品向けの〈ジェントル〉、乳児用の哺乳瓶やまな板といった衛生面を重視する対象向けの〈高温洗浄・すすぎ〉など、幅広い温度帯の洗浄プログラムを用意している。

◆機械力:

食器洗い機が持つ、汚れをはがす力(スプレーアーム)は洗浄力に大きく影響する。

Mieleは3段のスプレーアームで水圧と回転速度によって、最少の水量ですみずみまで強力な洗浄力を発揮させる。

◆洗剤力:

機器の特性に合った洗剤の使用が最大の洗浄力を引き出すことにつながる。

Miele は、洗浄力と仕上がりの美しさを追求して、洗剤のプロと共同でオリジナル洗剤とリンスエイド(乾燥仕上げ剤)を開発。

これで、ワンランク上の仕上がりに―――。

手洗いよりもエコロジーなランニングコスト

大容量と優れた洗浄力を備えた Miele 食器洗い機。水道使用量は手洗いと比べてわずか 1/15 で済むため、電気代を加えても費用をおさえられる。

◆Miele食器洗い機 目安コスト

水量:幅60cm機種8.9リットル、幅45cm機種8.0リットル (※ECOプログラム使用時)

1回あたりの水道代目安:幅60cm機種2.33円、幅45cm機種2.1円

年間の水道代目安:幅60cm幅機種850円、幅45cm機種767円

1回の電気代目安:幅60cm幅機種21.7円、幅45cm機種15.5円/17.1円/23.3円

年間の電気代目安:幅60cm幅機種7,920円、幅45cm機種5,676円/6,242円/8,505円

年間の水道代+電気代目安:幅60cm幅機種8,770円、幅45cm機種6,443円/7,009円/9,272円

◆手洗い

水量:133.6リットル (※幅60cm機種と同じ量を手洗いした場合)

1回あたりの水道代目安:35円

年間の水道代目安:12,775円

※洗剤代は含まず。1日1回食器を洗った場合。幅45cmは機種により電気代が異なる。

省エネで食器に優しく気持ちの良い2段階乾燥システム

第1段階ですすぎ時の余熱を利用した食器にやさしい乾燥を行い、その後、特許技術「AutoOpen 乾燥」(特許: DE102007008950B4, EP2120671B1)で、プログラム終了後に自動でドアを開けてさらなる乾燥を促進。

省エネで食器への負荷も少ない方法で、しっかりと乾燥させる。

◇最大75度の高温すすぎの熱を利用。消費電力量を抑えて省エネ

◇食器を熱し過ぎないので食器への負荷が少ない

◇庫内が冷めたとき食器への水滴戻りを防止

◇ステンレス庫内にも水滴が残りにくくピカピカ

◇庫内に湿気が残りにくいので衛生的

直営店「Miele Experience Center」で9/2・9/3製品体験会

Miele Experience Center 目黒 では、9月2・3日の週末に「Experience Day@目黒」を開催(予約不要)。

食器洗い機やランドリー機器は、ユーザーのニーズに合わせて深堀するよりリアルな製品体験会を実施。

Miele オーブンで焼き上げたレモンローフケーキの試食もでき、この2日間のイベント限定で、特別価格で製品を購入できるャルオファーもあるから、気になる人は、公式サイトをチェックして行ってみて↓↓↓
https://life.miele.co.jp/event/meguro-experience-day/
https://life.miele.co.jp/event/

「愛着がわく家族のような家電」を手がける Miele

Miele(ミーレ)は「Immer Besser(常により良いものを)」のブランドプロミスを掲げ、1899年にドイツで創業。

創業者はカール・ミーレとラインハルト・ツィンカン。

以来、両家のファミリーカンパニーとして発展を続け、2022年12月現在約23,300名のグループ社員、約100カ国の販売拠点をもつ。

製造工場は、ドイツ国内の主要8か所を含め15か所で、厳格な製品テストを行い、高水準の品質を維持。

家庭用電化製品では、ビルトイン機器を中心として、オーブン、スチームクッカーをはじめとする調理機器、冷凍冷蔵庫、コーヒーマシン、食器洗い機、ランドリー機器、掃除機に加え、製品の性能を最大に引き出す純正洗剤やお手入れ剤などを取りそろえ、豊かなライフスタイルを実現するブランドとして、世界中で選ばれている。

業務用部門の Miele Professional は、医療用・歯科用・ラボ用などの洗浄機や業務用ランドリー機器を取り扱い、世界中のプロフェッショナルの現場に貢献し続けている。

ミーレ・ジャパンは、アジア初の Miele の現地法人として、1992年に設立。

Mieleドイツ本社 100%出資の子会社ならではの、次世代を見据えた長期的展望のもと、安定した製品供給と高い品質管理を行っている。

「Miele 製品は、おろしたてのようなお洋服の着心地をキープしたり、繊細なワイングラスを割れる心配なくピカピカに洗い上げたり、天井も床も家具も空気も部屋中丸ごとキレイにできたり、日常の食事も特別な日のごちそうも失敗なく焼き上げたりと、頼りになる家族のように家事をこなします。

また、MieleのDNAでもある「サステナビリティ」を理念として製品は長期使用を前提としてつくられているので、長年にわたりお客様の「Mieleのある暮らし」に家族のように寄り添います。

「愛着がわく家族のような家電」として、ぜひ、Miele をお選びいただけると幸いです」(Miele)