「シドウ(中村獅童)さん、この前の賞金、寄付したらしいよ」(フジモリ(藤森慎吾))

「えっマジっすか!?」(カミオ(神尾楓珠))

「オウリン(王林)ちゃんは、保護猫活動もしてるしねー」(フジモリ(藤森慎吾))

ADVERTISEMENT

「ボートレーサーは、いろんな顔もってんのよーっ」(フジモリ(藤森慎吾))

―――そんな2023年ボートレースCMでも語られている、女子ボートレーサーの保護猫活動は、ほんとうにあることを教えてくれるのが、この動画↓↓↓

【ボートレーサーの保護猫活動】やんちゃな子猫が幸せに育つために|香川素子×ボートレースアンバサダー植木通彦「ウエキTIMES」

これ、ボートレースアンバサダー植木通彦が、気になる話題を紹介する動画で、今回は、保護猫活動に取り組むボートレーサー香川素子(大阪府出身・滋賀支部)の突撃取材!

自宅で保護した猫を飼っている香川素子選手。野良猫を保護したときの状況や捕獲のようすを植木通彦が聞き、10匹以上いる猫部屋に案内。

また、保護猫活動を始めたきっかけや、里親の探し方、そしてボートレーサーとして保護活動がモチベーションにつながっていることなど、香川選手がその思いを語ってくれる。

さらに、実際に香川選手がクルマで保護しに行った子猫の里親になった人の自宅にも訪問。里親となった理由やどのように暮らしているのかを聞いた。

―――そんなボートレーサーとして活躍しながらも、子猫たちが幸せに育つための活動をしている香川素子選手の姿をこの動画で体感してみて。

◆「ウエキTIMES」~幸せ猫の育て方~

00:29 香川素子選手宅を訪問 保護ネコとアンバサダーが対面
01:13 猫を保護した時の状況と捕獲の様子
03:04 10匹の猫が隠れている3階の猫部屋へ
04:33 里親の探し方について
05:20 動物大好き、清水未唯選手登場!清水選手の飼い犬の名前の秘密とは?
06:01 清水選手に香川素子選手の事を聞いてみた!
06:46 保護ネコ活動を始めたきっかけとは?
08:38 保護活動がレーサーとしてのモチベーションに!
09:13 保護活動を通して伝えたいこと
09:38 保護猫の譲渡先を訪問!久しぶりの再会です
10:56 香川選手を通じて里親になった理由
11:29 先住猫と保護猫の関係
13:18 猫と触れ合いたい植木通彦!その結末は?

◆香川素子
大阪府出身 滋賀支部。1977年1月8日生まれ。2022年 第36回レディースチャンピオンで初のG1タイトルを獲得。

◆植木通彦
もとボートレーサー。現役時代は不死鳥・艇王と呼ばれ、3度のグランプリ制覇・ SG10冠・公営競技初の2億円達成・生涯獲得賞金22 億円など記録にも記憶にも残るレーサーとして今でもファンから愛されている。