冬といえば、しゃぶしゃぶ鍋!

しゃぶしゃぶといえば、黒毛和牛をはじめ厳選した肉と新鮮な国産野菜をこだわりのお出汁で楽しめる「しゃぶしゃぶ温野菜」。

しゃぶしゃぶ温野菜は、北海道産ブランド豚「ゆめの大地」を旬の「京都九条ねぎ」と生姜香る焼きあごだしで食べる、「京都九条ねぎとゆめの大地豚しゃぶ」を12月6日から期間限定で販売!

飲み放題がセットで5456円!

ADVERTISEMENT

アフターコロナのことし2023年の夏・秋は、旅行や帰省と多くの人が動き、いよいよやってくるのが、忘年会の冬。

温野菜は、「忘年会は最高のしゃぶしゃぶといっしょに楽しんでほしい」という想いから、絹のような柔らかな肉質の北海道産ブランド豚「ゆめの大地」と、甘みが凝縮した旬の「京都九条ねぎ」を、生姜香る焼きあごだしで食べるしゃぶしゃぶを12月6日から販売。

さらに、忘年会にうれしい、事前予約限定で、京都九条ねぎとゆめの大地豚しゃぶ食べ放題と飲み放題がセットで楽しめる宴会コースが、4960円(税込5456円)で登場するから、これは要チェック。

ジューシーな食感と甘みのある脂

「ゆめの大地」は北海道の農場で、ストレスのない環境で育ち、絹のような柔らかな肉質でありながらも、ジューシーな食感と甘みのある脂が特徴。

実際に試してみると、しゃぶしゃぶする時間によっても味が違う。その“絶妙な味変”を、しゃぶしゃぶしながらみんなで楽しんでみて。

そしてこの「ゆめの大地」の味わいを最大限引き出す専用の「生姜香る焼きあごだし」は、長崎県産の焼きあご、ゆ会津産の宗田鰹節、煮干しにアサリなどの貝類を入れることで旨みの相乗効果によって、旨み増しましのふくよかな味に。

そこに黄金生姜で味にキレを出すことで、「ゆめの大地」の柔らかさや脂の甘みがまとまり、最後までおいしく食べられる逸品に。

「ゆめの大地」をくぐらせて食べると肉本来の旨味と甘みが引き立ち、生姜の香りが広がる瞬間を、体感してみて。

京都九条ねぎと春菊も、お酒がすすむアクセント

そして、「ゆめの大地」といっしょに味わう季節の野菜にもこだわり。

「京都九条ねぎ」は、青ねぎのなかでも甘みと香りが強く、「ゆめの大地」で巻いて食べると、シャキッとした食感と優しい味わいを感じられて、絶品。

しゃぶしゃぶでは珍しい「春菊」は、香りとほろ苦さがクセになる旨さで、これもお酒と食がすすむひと品に。

肉・野菜の旨味を含んだ出汁と京うどんでシメ

おすすめのシメは、「ゆめの大地」の甘みや野菜の旨味が溶け出しただしで食べる京うどん。たっぷりの九条ねぎを乗せて……。

デザートは「クリームチーズとベリーのティラミス」を

最後のデザートは、「クリームチーズとベリーのティラミス」を。

濃厚なクリームチーズムースとベリーの甘酸っぱさが、これまた相性バツグン!

―――いよいよ「しゃぶしゃぶ温野菜」で12月6日から始まる「京都九条ねぎとゆめの大地豚しゃぶ」。

その多彩な食べ放題・飲み放題ラインナップや、おトクなキャンペーンやアプリダウンロードキャンペーンなどは、公式サイトをチェックして、行ってみて↓↓↓
https://www.onyasai.com/lp/202312_winter/