※2023年4月撮影

トップ画像は前面展望、「相模原線」下り電車は「南大沢駅」を発車します。駅の西側には「相模原線」と直角に交わる道路の「内裏橋」があります。オレンジ色の部分は綱製のガーダー(桁)です。

地図で見ると、「南大沢駅」で南西に向かっていた「相模原線」は、さらに左にカーブしてより南に向かいます。渡り線があります。

ADVERTISEMENT

※2023年4月撮影

さらに左カーブの手前に、保線車両の留置線に分岐しています。

※2023年4月撮影

バラストなどが積まれていて、左奥には「京王建設(株)」と記された車両も見えます。地図で見ると「京王建設南大沢管理事務所」があります。

※2023年4月撮影

さらに左カーブが続きます。

※2023年4月撮影

「南大沢トンネル」に入ります。「相模原線」は、広大な「小山内裏(おやまだいり)公園」の下をトンネルでくぐって「多摩境駅」に出ます。

※2023年4月撮影

「南大沢駅」から「多摩境駅」までの駅間は、1.9km。その半分がトンネルの中という印象です。

トンネルの出口、すぐに「多摩境駅」のホームがあります。

※2023年4月撮影

トンネルの坑口からホームは、ホンの僅かしか離れていません。

※2023年4月撮影

相対式ホームの1番線に到着します。

※2023年4月撮影

奥に丹沢の山々が見えます。「調布駅」側は堀割でしたが、こちら側は高架線です。

※2023年4月撮影

次回は、初めて「多摩境駅」に降ります。

(写真・文/住田至朗)

※駅構内などは京王電鉄さんの許可をいただいて撮影しています。

※鉄道撮影は鉄道会社と利用者・関係者等のご厚意で撮らせていただいているものです。ありがとうございます。

※参照資料

・『京王ハンドブック2022』(京王電鉄株式会社広報部/2022)

・京王グループホームページ「京王電鉄50年史」他

下記の2冊は主に古い写真など「時代の空気感」を参考にいたしました

・『京王電鉄昭和~平成の記録』(辻良樹/アルファベータブックス/2023)

・『京王線 井の頭線 街と駅の1世紀』(矢嶋秀一/アルファベータブックス/2016)