豊橋のシメは餃子とビール! 駅ビルに大阪餃々系ビアバル誕生

2017.05.16

東海道新幹線、東海道線、名古屋鉄道、豊橋鉄道の電車が行き交う豊橋駅。その駅ビルに、「浪花ひとくち餃子餃々(チャオチャオ)」を手がける大阪の餃子計画が、新業態1号店をオープンさせます。5月16日に開業する「ChaoVia(チャオヴィア)1号店」です。

ChaoVia(チャオヴィア)は、餃子とビールを楽しめるビアバル。ランチ4種類、フードメニュー30種類、ドリンクはビール15種類を含む、54種類を提供。営業時間は11~23時(ラストオーダー22時30分)、座席は42席です。

ビール類は、アサヒスーパードライ(580円)をはじめ、レーベンブロイ(680円)、バスペールエール(680円)、ハーフ&ハーフ(650円)、金しゃち小(580円)、ステラアルトワ瓶(780円)、レフブロンド瓶(780円)、ヒューガルデンホワイト瓶(780円)、シャンディガフ(580円)、超生レモンサワー(580円)、ごろごろマンゴーサワー(580円)、ブラックニッカハイボール(480円)、ジャックダニエルハイボール(580円)、余市ハイボール(680円)、チャオルージュ(580円)、サングリア(480円)、特製黒ウーロン茶(350円)、トマトジュース(350円)など、ユーロ系やクラフト系ビールのほか、サワー、ウィスキー、ソフトドリンクなども揃えます。

こうしたドリンク類にあうメニューとして、チャオチャオ餃子(300円)、プリプリ海老餃子(450円)、鶏チーズ餃子(焼きまたは揚げ、400円)、トマトとモッツアレラチーズの餃子(450円)、餃子屋さんのローストビーフ(680円)、ハーブ鶏のロースト葱塩ソース(380円)、ChaoViaポテトサラダ(380円)、豊橋産ぱりぱりキャベツ(300円)、フライドチキンのタルタルあんかけ(450円)、ごぼうスティック(450円)、チャーシューと野菜のグリル(550円)、枝豆ペペロンチーノ(350円)、チョコ餃子&バニラアイス(400円)などを用意しています。

また、ランチは、ローストビーフ丼ランチ(980円)、チャオチャオ餃子ランチ(750円)、唐揚ランチ(750円)、チキンステーキランチ(800円)の4種類。昼も夜も、豊橋で大阪系餃子チェーンの新業態を体感できます。