JR東日本 東北地区へのレール輸送用 新型気動車 投入

2017.09.06

国鉄時代に製造され老朽化したレール輸送貨車を置き換えます

JR東海が2008年に開発したキヤ97系をベースに耐寒耐雪対応などのカスタマイズ。車両形式はキヤ195系、量産先行車として、ロングレール(150m)輸送用に11両編成を1編成、定尺レール(25 m)輸送用に2両編成を1編成、合計13両が新造されます。新型車両の特徴は「気動車方式を採用する事により、電化・非電化区間を問わず走行が可能」「編成の両端に運転台を有するため、機関車の入換作業が不要」「気動車方式を採用することで、機関車・貨車特有のメンテナンス方法や運転操縦を廃し、効率的なメンテナンス、要員配置が可能」などとなっています。下図は新旧の比較です。

投入時期は2017年冬以降、性能試験実施後に運用開始予定。運用区間は、仙台を中心とする東北地区。

【参考】レール輸送作業


LINEで送る

オススメ記事