ミルボンブランドを支える作業員へ、最新デザインと機能性を_新デザインワークウェアで「働きやすさ改革」

2018.11.13

いま、工場の作業着が「ワークウェア」っていういまふうのことばに変わって進化してるって、知ってる?

美容室むけヘア化粧品ブランドの「ミルボン」「ジェミールフラン」「オージュア」「エルジューダ」「オルディーブ」などを手がける、ミルボンのワークウェアも、そんなトレンドの最先端をいく。

<ミルボン>

ミルボンは11月12日、同社の一大拠点 ゆめが丘工場(三重県伊賀市)で働く人たちが着用する新デザインワークウェアを東京本社で発表。

発表会には、ミルボン 佐藤龍二 代表取締役社長、同社デザインワークウェアプロジェクト発案者で生産本部生産技術部技術開発グループID開発 梅村究サブマネージャー、京都市立芸術大学 滝口洋子教授・デザイン専攻修士課程1回生、糸編 宮浦晋哉 代表らが登壇。

「なぜワークウェアにデザイン性が問われるか」といったトレンドを、それぞれが伝えた。

デザインワークウェアという美容品メーカー初の試み

そもそも、なぜ工場というクローズな空間に、ファッション性やデザイン性が必要なのか――。

ミルボン 梅村 サブマネージャーはその理由について、こう語る。

「工場に出張したとき、その全体をみわたすと、『美容』に取り組む会社のわりには作業服がそれらしくないと感じていた。月に1~2回の出張時だけでも、あまり着たいものじゃなかった」

「会社の営業部門は、美容師やヘアアーティストなどと接する最前線にいるから美意識は高いけど、生産部門は作業最優先のためか、そこに美意識が感じられなかった」

同社は、社内でコーポレートブランディングにむけた企画募集を実施。

同社の工場で働く男性86名、女性105名(合計191名)を対象にした、新たなデザインワークウェアを開発することを決めた。

デザイン性や機能性、伸縮性が格段にアップ

そして、自社工場の作業服を刷新する「デザインワークウェアプロジェクト」が動き出す。

同プロジェクトには、京都市立芸術大学のデザイン専攻修士課程1回生や、職人や繊維産地に精通する糸編らと手を組み、産学連携で新デザインワークウェアを開発。

工場内で上下左右に大きく動く作業スタイルにあわせ、伸縮性や機能性も考慮したデザインが選ばれ、ナイロン94%、東レ製新開発ポリウレタン6%の素材で完成させた。

「スタイリッシュでモチベーションもアップするデザイン、ミルボンのコーポレートカラーが入ったシックなカラー、作業しやすいストレッチ素材、ポケットの位置や数にもこだわった機能性と、従来の作業着から刷新したモデルになった」(ミルボン)

同社はこの新デザインワークウェアを12月3日から採用。来春5月には同じく新デザインの夏用ワークウェアを導入していくという。

こちらの記事もオススメです