【私鉄に乗ろう 62】長良川鉄道越美南線 その2

2018.07.30

1.7kmで前平公園駅。

駅名標。1986年(昭和61年)長良川鉄道への転換時に開業しています。駅の横で住宅新築工事中。

美濃太田駅から長良川鉄道は西に進みますが、前平公園を過ぎて少し北向きになって正面に山々が見えます。関口駅を超え刃物会館前駅の手前で大きく曲がってからは、北濃までほぼ真北に向かいます。

2.0kmで加茂野駅。通学の学生さんが乗ってきます。

駅名標と待合室。1952年(昭和27年)に開業した時は旧国鉄加茂野口駅でした。長良川鉄道転換時に加茂野駅に改称されました。

2.2kmで富加駅。旧国鉄駅の香りです。

駅舎側、ポイントは撤去されていますが、かつては島式ホームだった様です。正面から交換列車が来ます。

運転士さんの話では「通学の学生がドサッと乗って来るのは郡上に入ってからですよ」とのこと、40代後半の運転士さんは「私が長良川鉄道に入社して運転士に成り立ての頃は、朝の通学時間帯は2両仕立てでこの駅辺りから既に満員でしたよ」と懐かしそうに話してくれました。たぶん四半世紀前のことでしょうか。

交換はナガラ500形503。2007〜2009年に3両が製造されました。503はナガラ1形のカラーリングを復活させています。さくらももこさんのマンガ”GJ8マン”のラッピング列車です。

上りホームに駅舎があります。長良川鉄道は列車停止位置に向かってカメラ(だと思います)が設置されています。

同じ富加駅の2014年の写真。

※2014年9月7日撮影

では、次回【私鉄に乗ろう 62】長良川鉄道越美南線 その3 に続きます。

(写真・記事/住田至朗)


LINEで送る

オススメ記事