JR九州 蓄電池車10月19日より運転【鉄道ニュース546】

2016.08.26

JR九州は、架線式蓄電池電車819系の営業運転を10月19日より筑豊本線の若松、折尾間で開始することを発表しました。
電化区間ではパンタグラフを上げて、普通の電車として、非電化区間では、蓄電池で走行するこの電車、交流電化区間でこのタイプの車両が走るのは国内初となります。

■鉄道ニュース546(http://tetsudo-ch.com/tetsudonews


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです