北海道新幹線、新函館北斗・札幌間の最高速度は320km/hに? 国土交通省へ要請

2019.05.15

JR北海道は5月15日、北海道新幹線の新函館北斗・札幌間の最高時速を320km/hに引き上げるための工事を実施する意向を発表した。国土交通省には5月13日に要請済みであり、今後、建設主体である鉄道・運輸機構と320km/h化の実施に向けて調整を行っていく。

新函館北斗~札幌間の距離はおよそ212km。北海道新幹線の最高速度が現計画の260km/hから320km/hに引き上げられた場合、5分程度の時間短縮効果が見込まれる。

この212kmのうち約8割を占めるトンネル区間においては、約30箇所のトンネル坑口に設置される緩衝工を延長する。それ以外の42km区間のうちおよそ30㎞は防音壁を嵩上げしなければならず、これにともない高架橋の強度もあげる必要がある。

工事費は120億円と見積もられており、費用はJR北海道が負担する。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです