名鉄豊田線・地下鉄鶴舞線 相互直通運転40周年記念乗車券発売 クイズラリーや写真展も実施 7/29~

2019.07.23

名古屋鉄道は7月22日、名鉄豊田線・地下鉄鶴舞線の相互直通運転40周年を記念した乗車券を、7月29日(月)~9月30日(月)まで発売すると発表しました。

記念乗車券は日進駅を発駅とする大人片道普通乗車券1枚と、浄水駅を発駅とする小児片道普通乗車券1枚がセットになったもので、1セット600円で1,500セット発売します(なくなり次第終了)。お1人様1回5セットまで購入可能です。

日進駅から400円区間(大人)の乗車券は相互直通開始当時の祝賀イベントの様子や相互直通区間の歴史を紹介するデザイン、浄水駅から400円区間(小児)の方は現在の列車写真や同区間を走る100系・200系車両の解説となっています。

発売箇所は豊橋駅、東岡崎駅、豊田市駅、浄水駅、三好ケ丘駅、日進駅、金山駅、栄町駅、名鉄一宮駅、名鉄岐阜駅、犬山駅、名鉄名古屋駅サービスセンター。(名鉄名古屋駅サービスセンターの営業時間は9時~19時、三好ケ丘駅の営業時間は6時~22時)

その他、記念乗車券の発売期間にあわせ、相互直通運転40周年企画として「記念クイズラリー」や記念系統板の掲出、オリジナルメモ帳の販売、写真展などのイベントも開催予定です。

クイズラリー

日進駅にて当日有効な「まる乗り1DAYフリーきっぷ」または「名鉄電車全線2DAY フリーきっぷ」を提示し、クイズに参加する旨を伝えると、解答兼応募用紙がもらえ、クイズラリーに参加できます。日進駅、三好ケ丘駅、浄水駅、豊田市駅に掲示しているクイズに解答し、答えを記入した同用紙を提出すると、全問正解者の中から抽選で「電子マネー決済時に光るパスケース」が80名様に当たります。

記念系統板・ステッカーの掲出

相互直通運転列車の車両に掲出される記念系統板。名鉄100系・200系各1編成。名古屋市交通局N3000形2編成には記念ステッカーを掲出。ただし掲出車両の案内はありません。

記念グッズのプレゼント・販売

豊田市駅の出札窓口で、当日有効な「まる乗り1DAYフリーきっぷ」または「名鉄電車全線2DAY フリーきっぷ」を提示すると、記念オリジナルメモ帳を1セット(4 冊)プレゼント。限定400セット、なくなり次第終了。

日進駅・三好ケ丘駅・浄水駅で、大人の入場券1 枚を購入すると、オリジナルメモ帳を1冊プレゼント。全部で5種類ありますが、デザインは選べません。また上記3駅で入場券に記念ゴム印を押印できます。(9時~19時)

日進駅・三好ケ丘駅・浄水駅・豊田市駅の駅名標記念キーホルダーと、記念系統板デザインキーホルダーを、それぞれの駅で発売します(記念系統板デザインキーホルダーは豊田市駅で発売)。各200個、各500円、お1人様1回5個まで購入可。

また豊田市駅の改札内には記念スタンプを設置。日進駅・三好ケ丘駅・浄水駅の各駅において、豊田線相互直通運転工事における当時の写真を展示します。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです