JR武蔵境駅にNewDays初のセルフレジ専用キャッシュレス・無人店舗 7月30日オープン

2019.07.23

JR東日本リテールネットとJR東日本は7月23日、JR武蔵境駅nonowa改札口にNewDays初のセルフレジ専用キャッシュレス・無人店舗をオープンすると発表した。

店舗内に有人レジは設けず、利用者は店内で商品を選び自身で決済を行う。セルフレジではSuica等の交通系電子マネーとクレジットカードが使用できる。タバコ・酒類の販売や値引・割引クーポン券、収納代行・チケットなどのサービス全般は取り扱わない。

オープンは7月30日(火)予定。営業時間は7:00~22:00、店舗面積は25.2平米(売場面積18.2平米)。入口の店頭ステッカーにてキャッシュレス店舗であることを明示。JR東日本エリアで900台以上の導入実績がある大型サイネージ「NewDaysビジョン」は開業3ヶ月後に設置予定だ。

オープンと同時に、同店舗では集客ならびにSuica等交通系電子マネー利用促進のための取組も行われる。オープニング記念キャンペーンとして7月30日(火)~8月12日(月)の14日間、お会計が5%割引となるほか(新聞・雑誌は割引の対象外)、Suica等の交通系電子マネーで買物をした利用者へのプレゼントなども実施する。

JR東日本は「エキナカコンビニとして導入を進めてきたセルフレジを活用することで、レジに店員を配置せずに店員は品出しや商品のご案内・お客様がお買物しやすい環境を整え、店員にしかできないサービスへ注力ができる運営体制を目指します」としており、その他自動発注による廃棄ロス削減など、新たなテクノロジーを用いた取り組みを行う。

(画像:JR東日本)

TAGS JR東日本 テクノロジー/新技術/新開発


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです