2020年夏、「THE ROYAL EXPRESS ~HOKKAIDO CRUISE TRAIN~」が出発 機関車と電源車のカラーリングも決定

2019.08.22

列車編成イメージ ©ドーンデザイン研究所

JR北海道と東急電鉄は8月22日、観光列車「THE ROYAL EXPRESS」を2020年夏に道内で運行するにあたり、クルーズの概要と列車デザインを決定したと発表しました。

【関連記事】
JR北海道 JR東日本・東急・JR貨物と協力して道内に観光列車
https://tetsudo-ch.com/4863536.html

JR東日本の電源車「マニ50 2186」が東急電鉄へ 2020年には北海道で「THE ROYAL EXPRESS」が走る!
https://tetsudo-ch.com/8669073.html

列車デザインイメージ ©ドーンデザイン研究所

列車の動力となる機関車は「北海道の力強く明るく元気な太陽の色・収穫の色」として「橙・オレンジ」を、列車内サービス用電力を供給する電源車は「『THE ROYAL EXPRESS』のロイヤルブルーとオレンジを粋につなぐ色」として「白・ホワイト」をメインカラーとしています。

駅装飾イメージ ©ドーンデザイン研究所

また、一部駅においても旅を彩る演出として装飾を施す予定です。列車と駅の装飾は全てTHE ROYAL EXPRESSを手掛けた水戸岡鋭治氏がデザインします。

周遊ルート
エリア移動イメージ

クルーズは2020年8月頃、およそ1ヶ月にわたり4回程度の催行を予定しています。内容としては、札幌を出発したのち、十勝エリアや知床エリア、旭川・富良野エリアを列車やバスなどで巡り札幌へ戻る3泊4日の周遊プランとなる予定。発売時期は2020年2月頃。

鉄道チャンネル編集部/画像:JR北海道、東急電鉄

TAGS JR北海道 観光列車


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです