新型車両227系、9月30日(月)に全56両の投入完了見込み 227系を使ったイベントも検討中――JR西日本

2019.08.22

和歌山線を走る227系 出典:Pixta

JR西日本は2019年3月より万葉まほろば線(桜井線)と和歌山線に導入してきた新型車両227系について、9月30日(月)に28編成計56両の投入が完了すると発表しました。

これにあわせて、JR西日本は奈良中南部エリアの活性化へ向けた取り組みとして、「JR万葉まほろばウォーク(仮称)」と万葉まほろば線「三輪エリア」誘客キャンペーン(仮称)を行います。

「JR万葉まほろばウォーク(仮称)」

2019年12月7日(土)実施予定、荒天中止。

奈良県には万葉歌碑などの文化遺産が数多く残っています。この企画では、「万葉まほろばソムリエの会」の協力のもと、寺社・古墳・万葉歌碑などを見物しつつ、およそ3時間かけて巻向駅から大神神社までを歩きます。

新型車両227系は、この「JR万葉まほろばウォーク(仮称)」参加者専用の臨時列車として運転。同日11時半ごろに奈良駅を出発します。

万葉まほろば線「三輪エリア」誘客キャンペーン(仮称)

万葉まほろば線(桜井線)三輪駅周辺は、古き良き伝統を大切にしているスポットがたくさんあります。たとえば我が国最古とも言われる「大神神社(おおみわじんじゃ)」があったり、そうめんの元祖とも言われる「三輪そうめん」の老舗が並んでいたり。

今回は「近畿大学経営学部商学科名渕ゼミ」の学生と協力し、若者目線で「三輪エリア」に行きたくなるような周辺素材の発掘、素材の磨き上げ、宣伝告知方法について検討中。JR西日本はその成果を誘客キャンペーンとして展開します。

鉄道チャンネル編集部

TAGS JR西日本 新型車両


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです