JR東日本の電源車「マニ50 2186」が東急電鉄へ 2020年には北海道で「THE ROYAL EXPRESS」が走る!

2019.07.06

2019年7月3日、JR横浜線と東急田園都市線の交わる長津田駅にて、JR東日本の「マニ50 2186」が東急電鉄に譲渡されました。

牽引用の赤いディーゼル機関車と「マニ50 2186」。

「マニ50 2186」はかつてJR東日本のジョイフルトレイン「リゾートエクスプレスゆう」用の電源車として使用されていたため、「ゆうマニ」とも呼ばれています。

ディーゼル機関車が切り離されると、今度は東急側の牽引車両「TOQ-i」がやってきます。

無事連結し、このまま長津田駅へ入線。その後は東急の車両基地へと運ばれていきました。

電源車の譲渡が行われた背景は?

北海道胆振東部地震の影響を受けた北海道を応援するため、JR北海道・JR東日本・東急電鉄・JR貨物の4社で連携し、観光振興と地域活性化を目的として「THE ROYAL EXPRESS」を運行する、というプロジェクトが進んでいます。

「THE ROYAL EXPRESS」は伊豆急行(東急グループ)の2100系「アルファリゾート21」を改造した車両です。「美しさ、煌めく旅。」をコンセプトに水戸岡鋭治氏がデザインを手掛けています。

2017年に運転開始した伊豆の観光列車が北海道を走る――というのは夢のある話なのですが、この「THE ROYAL EXPRESS」は直流電車。そのままではJR北海道の交流電化区間や非電化区間を走行することは出来ません。

そのため、JR北海道の所有するディーゼル機関車で「THE ROYAL EXPRESS」を牽引、その間に電源車を連結して車内サービスに必要な電源を供給する、という手段を採ることになりました。

今回長津田駅へ来た「マニ50 2186」はこの電源車。北海道への回送・運搬はJR貨物が担当するとのこと。

観光列車「THE ROYAL EXPRESS」は来年2020年の5月~8月間の約1ヶ月、週4日程度、札幌から道東エリアの運行を想定しています。詳細は今後の発表待ち、旅行商品の内容発表・販売開始は来年1月~2月ごろを予定しているとのことです。

TAGS JR東日本 東急 JR北海道 JR貨物


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです