「駅ナカで会いましょう。」アニメPV公開 駅構内の商業スペースの魅力を発信

2019.10.16

(c)Heso Production

2019年10月14日(月・祝)の「鉄道の日」にあわせ、「駅ナカで会いましょう。」というアニメPVが公開されました。

【Youtubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UC611IzWElrx3ac12ez-CWcw

「駅ナカで会いましょう。」は全国の「駅ナカ」を盛り上げるために大阪で発足したプロジェクト。身近なのに意外と知らない駅構内の商業スペース「駅ナカ」の魅力を、実際に駅ナカで働くキャラクターたちが発信していくという内容のコンテンツになります。

今回公開されたムービーでは、新大阪駅正面口の動輪前で、駅ナカで働く西本いくの(cv:狐崎あやめ)と葛西くるの(cv:豊ゆうみ)のかけあいが展開されています。同チャンネルでは二人の声を担当する声優さんのトークも配信中。

(c)Heso Production

どこかで見覚えのあるタッチだな……と思った方は鋭い。実は「アニメーション制作:魚雷映蔵」「キャラクターイラスト:賀茂川」は京都市交通局の「地下鉄に乗るっ」と同じタッグなのです。『駅メモ』でもおなじみのお二人なのでパッと見で「あの人の絵だ!」と分かる方も多いかもしれません。

【関連記事】
京都市交通局アニメ「地下鉄に乗るっ」5日で7万回超え
https://tetsudo-ch.com/43223.html
京都市営地下鉄の新アニメCM、YouTubeで公開
https://tetsudo-ch.com/7678485.html

「駅ナカで会いましょう。」プロジェクトを手掛けたのは大阪市の株式会社ヘソプロダクション。オリジナル商品の企画・制作・販売、企業・組織のトータルブランディングを行っており、鉄道関係のグッズ販売や嵯峨野観光鉄道のトロッコ嵯峨駅内にある「竹の道 嵯峨の庵」のプロデュースなど、様々な事業を展開しています。

同社は本プロジェクトにこれまで培ってきた土産・雑貨などの企画、製造、販売のノウハウと鉄道ネットワークを活かしながら、駅で活動する人々にスポットをあて応援することで、”さらなる鉄道の魅力”や”駅の楽しさ”を再発見し、鉄道・観光事業・地域の活性化を目指します。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです