千葉都市モノレール「新0形 アーバンフライヤー(6次車)」LCDや防犯カメラを搭載し25日から運行開始 前日に内覧会も実施

2019.12.19

千葉都市モノレールは12月19日、新造車両「新0形アーバンフライヤー(6次車)」2編成4両の営業運転を12月25日(水)から開始すると発表しました。

0形アーバンフライヤー車両は2012年に登場した千葉都市モノレールの主力車両。今回の6次車はこれまでのデザインをベースに眺望性や安全性を向上させたマイナーチェンジ車です。

座席をローバックシートに変更することで眺望性が大幅に向上。高齢者や小さなお子様の安全に配慮し、縦手すりを増設しました。また安全性の観点から車内に防犯カメラを設置しています。

座席はローバックシートに 画像:千葉都市モノレール
防犯カメラを搭載 画像:千葉都市モノレール

車内照明はLEDに変更、行き先表示器もカラーLEDにすることで視認性を向上させたほか、車内の情報提供装置を液晶(LCD)に変更し、日英中韓4か国語に対応します。

カラーLEDで視認性UP 画像:千葉都市モノレール
液晶(LCD)モニタには駅ナンバリングも表示 画像:千葉都市モノレール

今回導入する車両の制御装置(VVVF)は車両の省エネ化に資する設備導入促進事業として環境省国庫補助事業で整備されており、同社は今後も安全・安定輸送を基本理念とする輸送サービスの提供を目指すとしています。

また営業運転前日となる12月24日(火)、午後1時30分~3時00分まで動物公園駅の2番線・3番線ホームで内覧会を実施します。

【関連記事】
競技場内を通り抜け、謎の専用軌道!? 千葉モノレールのミステリアス区間
https://tetsudo-ch.com/9898794.html

鉄道チャンネル編集部
画像:千葉都市モノレール


LINEで送る

オススメ記事