東武線・日比谷線相互直通の座席指定制列車「THライナー」登場 6/6ダイヤ改正より

2019.12.19

「THライナー」に使用される70090型

東武鉄道と東京メトロは、東武線・東急メトロ日比谷線相互直通列車に座席指定制列車を導入します。列車愛称名は「THライナー(ティーエイチライナー)」とし、2020年6月6日(土)のダイヤ改正を機に運行を開始します。

車両は東武鉄道の新造車両「70090型」を使用。東武の東京メトロ日比谷線直通用車両である70000系をベースとしたロング・クロスシート転換車両です。外観は70000系を踏襲しつつ、側面のラインを車体上部に引き上げるスラッシュラインを設け、スピードと先進性を表現。

ロングシート・クロスシート転換

ハイバック仕様の座席を採用し、THライナーとして運行する際のプライベート性を確保。フリーWi-Fiを提供。各座席にコンセントやドリンクホルダー、荷物フックを備えます。

乗車イメージ 各座席にコンセント付き

愛称名の「TH」には”「TOBU」と「HIBIYA」を結ぶライナー” ”東京「TOKYO」と自宅「HOME」をダイレクトに結ぶ通勤ライナー”といった意味が込められているとのこと。ロゴはTからRまで一本の白いラインを通すことで、両線を結び東武沿線から都心にダイレクトにつながる快適性・疾走感を表現しています。

THライナーロゴマーク 70090型の赤と黒、そして日比谷線のシルバーを組み合わせたもの

通勤・通学やお子様連れご家族などの都心への快適な移動ニーズに応えるため、夕夜間に東武伊勢崎線 久喜駅~東京メトロ日比谷線 恵比寿駅(下り列車は日比谷線 霞ケ関駅発)間で運行します。東武線~日比谷線利用時に東武線内で急行などの速達性列車を利用する場合は北千住駅で乗り換える必要がありますが、THライナーでは乗り換えなしで利用できるとしています。

停車駅

運転時間帯は平日上り列車(恵比寿方面)久喜駅発が6時台、8時台の各1本(計2本)、下り列車(久喜方面)霞ケ関駅発18時台~22時台が毎時1本(計5本)。土休日は上り列車(恵比寿方面)久喜駅発が8時台と9時台の各1本(計2本)、下り列車(久喜方面)霞ケ関駅発が16時台~20時台の毎時1本(計5本)の予定です。

運行時刻、料金などの詳細は決まり次第発表されます。

鉄道チャンネル編集部
画像:東京メトロ


LINEで送る

オススメ記事