長野電鉄が新型通勤車両「3000系」導入 日比谷線03系を改造 3500系・3600系を順次置き換え

2020.01.31

3000系イメージ 写真:長野電鉄

長野電鉄は31日、元東京メトロ日比谷線で活躍していた03系車両を改造し、新型通勤車両「3000系」を導入すると発表しました。

3000系は長野電鉄初の交流モーターによるインバータ制御車両。電力消費量の削減につながる環境に優しい省エネルギー車両になるとしています。冷房能力は従来の3500系・3600系を上回り、快適性の向上が見込まれます。

令和2年に2編成6両を導入。営業開始は令和2年ゴールデンウィーク頃。また、3000系車両の導入により長野電鉄の3500系・3600系車両計6編成は順次引退します。3500系・3600系もかつては営団地下鉄日比谷線を走っていた車両でした。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです