三陸鉄道新田老駅開業記念きっぷを5/18発売 36周年に合わせて発売価格にも「36」

2020.04.30

チラシ画像:三陸鉄道

三陸鉄道は2020年5月18日に新田老(しんたろう)駅を開業し、これを記念して「三陸鉄道36周年新田老駅開業記念きっぷ」を発売します。

台紙付きの硬券きっぷセットとなっており、「宮古―新田老片道A型硬券乗車券(460円)」「新田老駅B型硬券入場券(150円)」「田老駅B型硬券入場券(150円)」「岩泉小本―新田老B型硬券乗車券(400円)」「新田老―岩泉小本B型硬券乗車券(200円、小児用)」をあわせて1,360円。台紙には車両の写真と解説付き。宮古駅、盛駅、釜石駅、久慈駅で発売するほか、郵送販売も受け付けています。

今年は「三陸」鉄道「36」周年にあたることから発売価格にも「36」が入っています。通常は入場券を発売しない駅の入場券が手に入ることもあって、ちょっとレアなきっぷになりそうですね。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです