東武 新型コロナ対策旅行商品を発売 日光金谷ホテルが初めて個室で食事提供

2020.06.19

特急車内座席イメージ 画像:東武鉄道

東武鉄道と東武トップツアーズは、「新しい生活様式」で求められている「ソーシャルディスタンスの確保」を実現した旅行商品を発売する。

旅行プランでは往復の特急列車のうち一部列車にて発売する座席数を定員の1/2以下に限定し、4席のボックス席を1つの発売単位として販売する。通路を挟んだボックス席単位でも隣同士にならないよう並びを1列ずつずらす。

宿泊も夕食を個室や部屋にて提供する施設に限定するということで、東武グループの「日光金谷ホテル」では、開業以来初となる個室での食事提供を実施する。

設定日は2020(令和2)年7月1日(水)~9月30日(水)、旅行代金には乗車駅から東武日光駅または鬼怒川温泉駅までの往復割引運賃と往復割引特急料金に加え、観光に便利な下今市~東武日光間と下今市~新藤原駅間の鉄道が乗り降り自由になるきっぷも含まれる。

対象列車 画像:東武鉄道

また、宿泊プラン以外にも、往復の特急と日光金谷ホテルでの昼食および栃木県日光市の二社一寺の憩いの場として本年3月開業した西参道茶屋での買い物券がセットになった日帰りプランも発売する。

旅行日や内容、旅行代金は旅行プランにより異なる。詳細は東武トップツアーズのホームページやパンフレットに掲載される。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです