「うちのオカンがね、好きな乗り物があるらしいんやけど」――JR東海「Supremeコラボレーション」実施へ お笑いコンビ「ミルクボーイ」もN700Sネタを披露

2020.06.24

ポスターは6月27日よりJR東海の各駅等に設置

東海道新幹線の新型車両「N700S」は7月1日にデビューする。

これを記念し、JR東海はTVCMとポスターだけでなく、お笑いコンビ「ミルクボーイ」や子供に人気の「おしりたんてい」、「崎陽軒」などとの「Supremeコラボレーション」(※)を実施する。

※「N700S」の「S」は最高を意味する「Supreme」の略

オカンが忘れてしまった乗り物とはいったい何なのか……。

ミルクボーイは「M-1グランプリ2019」で優勝した若手漫才コンビ。JR東海とのコラボレーションでは「うちのオカンがね、好きな乗り物があるらしいんやけど。」と、東海道新幹線とN700Sの情報がたっぷり詰まったオリジナル漫才を繰り広げる。その様子はYoutubeとJR東海のN700S特設サイトにて7月1日(水)より閲覧できる。

オリジナルブック・表紙等

アニメ化や映画化もされこども達から絶大な人気を誇る「おしりたんてい」ともコラボレーションし、オリジナルブックを制作。オリジナルブックは新幹線の五つの謎を解いていく「なぞとき旅」の挑戦状がつまったもので、N700Sをはじめとする東海道新幹線の進化について親子で一緒に楽しく学べる一冊となっている。7月1日(水)~9月30日(水)まで、東海道新幹線の駅や新幹線車内、リニア・鉄道館などで配布する。

N700Sデビュー記念弁当・パッケージとしょう油入れ「ひょうちゃん」デザイン(左が第1期、右が第2期)

また「崎陽軒のシウマイ」で横浜を中心に絶大な人気を誇る食品メーカー「崎陽軒」ともコラボし、「N700Sデビュー記念弁当」を発売する。「シウマイ」をはじめ「黒酢の酢豚」「海老のチリソース」「彩りチンジャオロースー」など、彩りと味わのバリエーションが豊かなお弁当になっている。

パッケージは葛飾北斎の「富嶽三十六景」をモチーフに、波の中を突き進む「N700S」を浮世絵タッチで表現した。お弁当に入った名物しょう油入れ「ひょうちゃん」も特別仕様だ。販売期間は第1期が7月1日(水)~3日(金)、第2期が8月1日(土)~3日(月)。ともに各1,500個限定で、なくなり次第終了。販売価格は各1,300円(税込)。いずれも前月の25日10時から電話による事前予約のみで受け付ける。

その他にもJR東海は「N700S×坂角総本舖(名古屋)」のコラボでえびせんべい「ゆかり」を特別パッケージで制作し、8月上旬より販売。「N700S×池利(奈良・三輪)」とのコラボで「N700S」とドクターイエローをそれぞれイメージした三輪そうめんを4月より販売している。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです