伊勢志摩ライナーの車内販売サービスが終了 観光特急「しまかぜ」や「青の交響曲(シンフォニー)」では継続

2020.07.08

近鉄は2020(令和2)年7月8日(水)、一部の伊勢志摩ライナーで実施していた車内販売サービスを終了すると発表した。

対象となる列車は土・休日ダイヤの大阪難波・京都・近鉄名古屋~賢島間を日中運行する特急列車12本。車内販売サービスは4月11日(土)より休止しており、再開することなく終了を迎えることとなった。

観光特急「しまかぜ」「青の交響曲(シンフォニー)」では6月13日(土)より一部サービスが再開されており、こちらでは車内販売を継続する。

なお、伊勢志摩ライナーの2号車(名古屋発は5号車)には飲料自販機があり、乗車中に飲み物が欲しくなった場合は缶およびペットボトル飲料を購入できる。

【関連記事】
近鉄 名阪特急の車内販売サービスを3/8廃止、観光列車系統は継続
https://tetsudo-ch.com/10014078.html

鉄道チャンネル編集部
イメージ写真:Pixta

2020年7月8日15時49分追記 タイトルを修正いたしました(鉄道チャンネル編集部)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです