E7系新幹線で自動運転試験実施へ、ローカル5Gの活用可能性も検証 JR東日本

2020.11.10

JR東日本は2020年11月10日(火)、E7系新幹線を使用した自動運転の試験を行うと発表しました。

試験日程は2021年10~11月頃を予定しており、上越新幹線の新潟駅~新潟新幹線車両センター間(約5km)で、12両編成のE7系1編成を使用した回送列車の自動運転を行います。

試験項目は「自動列車運転装置(ATO)機能の検証」と「ローカル5Gの性能確認」に分けられ、ATO機能検証では「①列車の準備が整ったことを条件に、遠隔で発車させること」「②ATOが自動的に列車の加速・減速を行うこと」「③自動で決められた位置に停車できること」「④緊急時には遠隔で列車を止めることができること」を確認します。

走行試験のイメージ 画像:JR東日本

ローカル5Gに関しては、沿線に基地局を設置し、走行中の回送列車と伝送試験を実施。高精細映像のリアルタイム伝送といった大容量・低遅延通信など、5Gの鉄道環境での性能について確認します。

ローカル5G試験のイメージ 画像:JR東日本

JR東日本はグループ経営ビジョン「変革2027」で掲げたドライバレス運転実現のため、ATOの開発を進めており、本試験もその一環として行われるものです。同社は試験を通じて自動運転の評価や課題の洗い出しなどを行い、将来的な新幹線の自動運転を目指したATOの開発につなげていくとしています。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです