JR京葉線千葉エリアに3つの「ペリエステーション」が登場

2020.12.01

2020年12月1日から「ペリエステーション」となった海浜幕張駅 写真:千葉ステーションビル

千葉エリアの駅ビル「PERIE」(ペリエ)を運営する株式会社千葉ステーションビルは、2020年12月1日より、JR東日本から海浜幕張駅、検見川浜駅、稲毛海岸駅の駅運営を受託します。

こうして誕生するのが「ペリエステーション」――同社がSC事業で培ったノウハウをベースに、鉄道駅と生活サービスを総合的に運営することで、従来の枠組みにとらわれない新たなサービスの提供を目指すとのこと。

12月1日からは、ペリエステーション化記念スタートアップフェア・ちばのいちを開催。また同日より人工知能(AI)接客システム「AIさくらさん」の実証実験も始まります。実験は来年1月31日までで、JR海浜幕張駅に5台設置されます。

ちばのいち イメージ 写真:千葉ステーションビル
AIさくらさんには「非接触型ディスプレイ」技術を採用した 写真:千葉ステーションビル

また、SCであるペリエが駅の運営も担っていることを表現するため、三駅では駅業務にあたる従業員の制服も刷新。デザインは株式会社ビームスの「ユニフォーム サーカス ビームス」が手掛けています。

刷新される制服 写真:千葉ステーションビル

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです