渋谷エクセルホテル東急に東急8090系シミュレーターや玉川線の世界観を仕込んだ特別宿泊ルームが登場!

2021.01.02

都内は密を避け、鉄分濃いめのホテル時間を―――。

渋谷エクセルホテル東急(東京都渋谷区道玄坂)は3月31日まで、東急電鉄コンセプトルーム宿泊プランを販売中。ホテルと東急電鉄の初の試みで、電車にいる気分でホテルステイを疑似体験できる。

東急電鉄コンセプトルームは、東急電鉄8090系の実物マスコンハンドルを使用した電車シミュレーター装置を設置している「トレインシミュレータールーム」と、昭和44年に廃線となった東京急行電鉄(当時)玉川線をテーマにした「昔懐かしの東急電鉄コンセプトルーム」の2種類。

トレインシミュレータールームには、東急電鉄 渋谷駅の協力による渋谷駅駅長体験(土曜日・希望の子ども限定)の特典も用意。

夕食は、ホテルシェフが考案した、渋谷と東京の地元食材を使った駅弁風2段重「しぶべん」を部屋まで届けてくれて、渋谷の街を見下ろしながら、電車+弁当の旅を体感できる。

また、こちらの宿泊プラン利用者全員に、昔懐かしいオリジナル硬券をプレゼントするほか、東急車両中古部品(車両番号札・型式板・改札鋏)の販売も行う。

トレインシミュレータールーム宿泊プランは、スーペリアフロアツインルーム(38.0平米)全室禁煙。料金は1室1人利用が3万5000円から。

昔懐かしの東急電鉄コンセプトルーム宿泊プランは、スーペリアフロアツインルーム(30.0平米)全室禁煙。料金は1室1人利用が2万8000円から。

夕食のインルームダイニング駅弁風2段重「しぶべん」は、東京ビーフハンバーグ・ポテトフライ・温野菜・渋谷のはちみつソース、和風サーモングリル 東京野菜のピクルス添え、マカロニとシーフードのサバイヨングラタン、5種のオードブルとサラダバリエーション東急線キャラクター「のるるん」カマボコ添え、ごはん・京漬物・お味噌汁、渋谷エクセルホテル東急特製プリン。

東急電鉄車両中古部品は、車両番号札が1万円、型式板が5000円、改札鋏が2000円。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです