三陸鉄道応援ヘッドマーク「天浜線装着分」もオークションへ

2021.01.22

ヘッドマーク掲出車両 写真:天竜浜名湖鉄道

天竜浜名湖鉄道は2021年1月25日(月)~31日(日)にかけて、「三陸鉄道応援ヘッドマーク」をヤフーオークションに出品する。

2019年10月の台風19号により被災した三陸鉄道を応援するため、天竜浜名湖鉄道が製作したもの(直径は60cm)。2020年3月20日(祝・金)から11月30日(月)までの間、両社の車両に異なるデザインのものを掲出していた。

三陸鉄道の車両に掲出されたヘッドマークは昨年末オークションに出品され、82,500円(税込)で落札された。収入は今回の天浜線装着分とあわせ、制作費などを除く全額を三陸鉄道へ寄贈する。

今回出品するヘッドマークの裏面には、三陸鉄道との交流を推進してきた長谷川寛彦前社長の直筆メッセージが寄せられている。

三陸鉄道応援列車出発式の様子 写真:天竜浜名湖鉄道
ヘッドマークイメージと長谷川寛彦前社長の直筆メッセージ 写真:天竜浜名湖鉄道

鉄道チャンネル編集部

【関連記事】
天竜浜名湖鉄道、三陸鉄道応援ヘッドマークをヤフーオークションに出品 収入は寄贈
https://tetsudo-ch.com/10990971.html


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです