「GET3山」の駅名板で湘南ベルマーレにエール 湘南モノレールが片瀬山駅に特製駅名版

2021.03.01

キングベルⅠ世がボールを蹴る片瀬山駅の特製駅名板 画像:湘南モノレール

湘南モノレールは、オフィシャルクラブパートナーとして応援するサッカー・J1の湘南ベルマーレの上位進出を願って、片瀬山駅に特製の駅名板を設置する。

片瀬江ノ島や片瀬海岸の地名にもある片瀬を「勝たせ」と読んで、駅名を「勝たせ山」に。さらにリーグ戦で勝利すると勝ち点3がもらえることから、勝たせ山を「GET3山」と〝超意訳〟した。

駅名板で、「湘南ベルマーレもぜったい勝利じゃ!」とげきを飛ばすのは、ギリシャ神話で海を司る神のポセイドンをモチーフにした、ベルマーレのマスコットキャラクター「キングベルⅠ世」。隣接駅を示すのは矢印ならぬ「三叉のほこ」だ。

ベルマーレの最近3年間のリーグ戦成績は13位、16位、18位といま一つ。湘南モノレールは何とか奮起を促そうと、特製駅名板を考案した。駅名板設置は2021年3月1日から今シーズン終了まで。

また、湘南モノレールは駅名板と同デザインのアクリル製キーホルダーを、2月27日から、湘南モノレール大船駅やオンラインショップなどで限定販売している。

文:上里夏生


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです