混雑避けて昼から転車台など満喫 大井川鐵道が午後に使えるフリーきっぷ発売 4月~10月

2021.04.01

午後のおだやかな陽を浴びて走る普通電車

大井川鐵道は2021年4月6日~10月29日にかけて、「午後からゆるたびフリーきっぷ」(ごごゆるきっぷ)を発売する。

大井川本線金谷駅~千頭駅の普通電車限定で使用できるきっぷで、乗車時間に縛りが設けられている。具体的には「金谷駅12時19分・新金谷駅12時24分千頭行以降」乗車可。ただしSL・EL列車、機関車トーマス号への乗車には運賃・料金が必要となる。

「千頭方面への利用者が集中しやすい午前を避け、午後にゆったり大井川本線の旅を楽しんでいただこうと、午後から夜にかけてを使用有効時間帯とした」(大井川鐵道)

「当社ではこのきっぷの発売を機にコロナ下における新しい生活様式にのっとり密集・混雑を避ける『新しい旅の形』のご提案を行ってまいります」(大井川鐵道)

発売は乗車日当日の12時以降、発売箇所は大鉄金谷駅(16時55分まで)、新金谷駅。発売額は大人2,000円、小人1,000円。

同社HPには「SLを見ることに徹しようプラン」「縁起のいい駅 合格駅→門出駅へ、温泉で身も心もほっかほっか&縁起のいい駅パワースポットをめぐり、温泉で身も心もほっかほかプラン」など様々な活用例が掲載されている。

鉄道チャンネル編集部
(画像:大井川鐵道)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです