地下鉄の踏切、古刹や昭和校舎をめぐるおさんぽ時間

2021.04.11

東京台東区東上野。この地名でGoogleマップ検索すると、上野学園大学短期大学部と上野駅の間、かっぱ橋本通りと昭和通りに囲まれた地に、小さな車両基地がみえる。

車両基地に寄ってみると、青い屋根に東京メトロ上野車両基地という文字が記されている。

ここは、東京メトロ銀座線の上野検車区などを含む車両基地。Googleマップでみえる地上の車庫の地下にもうひとつ車庫がある2層構造も特徴のひとつ。

この上野検車区の地上部分には、地下鉄の世界ではあまりみかけない、地上の平面交差がある。この車庫を出入りする電車が通るときに作動する軌道遮断式踏切。

昭和建築やパワースポットも

こうしためずらしい踏切をみて歩くおさんぽ時間には、昭和初期に竣工した下谷小学校や、講道館柔道発祥の地の石碑がある浄土宗・永昌寺、都内で最も古いお稲荷様といわれる下谷神社などをいっしょにめぐるルートもおすすめ。

奈良時代に創建された下谷神社は、商売繁盛・家内安全を願う人たちが訪れるパワースポット。ここも都会のなかにひっそりある古刹のひとつとして、ゆっくり歩いてみたい。

―――上野車両基地のまわりには、下谷小学校や下谷神社をはじめ、長屋、教会、寺院、銭湯、小料理屋と、昭和の下町風情を色濃く残すスポットが点在。3密を避けて、上野のディープなエリアを、ゆっくりめぐってみて。

◆八王子に東京メトロ丸ノ内線500形、アルゼンチンの仲間と別れて
https://tetsudo-ch.com/11239109.html
◆地上を行く地下鉄の後楽園駅、東京ドーム北側の8層
https://tetsudo-ch.com/11232320.html


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです