只見線「会津川口~只見間」2022年中の運転再開に向け手続き進む

2021.06.30

只見線を運行するキハE120形気動車(写真:さわわん。/ PIXTA)

2011年7月の「平成23年7月新潟・福島豪雨」により被災した只見線「会津川口~只見間」。現在は2022年中の運転再開を目指して復旧が進む。

当該区間については、JR東日本と福島県が2017年6月19日付で基本合意書を締結し、福島県が施設を保有、JR東日本が運行を担う上下分離方式で復旧することが決まっている。

JR東日本は2021年6月30日、第二種鉄道事業者としての運転再開に向け、鉄道事業法に基づき当該区間の第一種鉄道事業廃止の届出、ならびに当該区間における第二種鉄道事業許可の申請を行った。福島県も同様に、本日付けで第三種鉄道事業許可の申請を行っている。

運休区間の上下分離方式イメージ(画像:JR東日本)

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです