JR筑肥線 今宿駅前にアイ工務店 土俵常設型交流施設「アイベース福岡」誕生! もと横綱 稀勢の里 荒磯部屋の大相撲 九州場所 拠点、地域交流の場に

2021.10.23

ここは福岡県福岡市西区今宿、JR筑肥線 今宿駅前。その線路脇に「稀勢の里」「アイ工務店」と記された相撲ノボリが立つ土俵常設型交流施設が出現した。

その名も、「アイベース福岡」。この土俵常設型交流施設を手がけたのは、大阪市に本社をおく住宅建設販売会社 アイ工務店。

10月20日には、このアイベース福岡に、もと横綱 稀勢の里 荒磯親方の姿も!

いったいなぜ、福岡・今宿に土俵常設型交流施設ができたのか。もと横綱 稀勢の里 荒磯親方の姿があるのか。

アイ工務店が荒磯親方とパートナーシップ契約

アイ工務店は、横綱時代の稀勢の里と親交を深め、「地域密着の住宅建築と、日本の国技である大相撲は、地域の活性化や子どもの大きな成長を願う思いで“アイ通じるもの”があり、地域貢献へつなげていきたい」という想いから、荒磯親方(稀勢の里)とパートナーシップを結んだ。

ここ福岡・今宿に建造した土俵常設型交流施設は、店舗型多目的建物という意味を込めてアイベース福岡とネーミング。

アイベース福岡が活動拠点や情報発信基地となり、ここでの活動が成長や発展・拡大・地域貢献につながるベースとなるようにという願いが込められている。

荒磯部屋の大相撲 九州場所 稽古場・宿舎に!

今回のアイ工務店・荒磯親方(もと稀勢の里)のパートナーシップ提携で、ここアイベース福岡は大相撲 九州場所の荒磯部屋 稽古場・宿舎として活用される。

このアイベース福岡の稽古場としてのスペックが突き抜けている。「土俵周りは1辺8m以上のロングスパンを飛ばす必要があり、これが大空間のスペースが必要なカフェや事務所などといった事業者むけに提案することで、資産活用事業の強化を図る」という。

また、力士の体格と重量にも対応した強度設計を施し、このアイベース福岡の建設で培った技術を活かし、アフターコロナのインバウンド需要にむけて建設需要に応えていくという。

荒磯親方も大満足、弟子の成長に期待

このアイベース福岡の最新空間を確認した荒磯親方(もと稀勢の里)は、「みてのとおりすばらしい稽古場、すばらしい土俵、お風呂、宿舎、ちゃんこ部屋(食堂)、すべてにこだわりをもってつくってもらった。11月場所(九州場所)がほんとうに楽しみ」と期待する。

「とくに土俵から直接、風呂場に移動できる動線はこちらがリクエストした。砂がついた身体をそのまま洗い流せるようにつくってもらい、とても稽古がしやすい設計、とても満足している」

「風呂も3人は浸かれる大きさ、とても生活しやすい環境になっている。九州場所に乗り込むのが楽しみ。こうした環境で大関や横綱になれるような力士を育てていきたい」

「いま10代の弟子が4人中3人いる。彼らの身体づくりにも注力したい。自慢の力士らしい力士、相手を敬いながら闘う力士を育てていきたい」(荒磯親方 もと稀勢の里)

アイベース福岡を地域交流の場に、アイ工務店は荒磯親方住居の設計施工も

JR筑肥線 今宿駅前に出現したアイベース福岡。気になるのは、九州場所が開催される期間以外の活用方法だ。

今後の展開やアイベース福岡活用法などについて、アイ工務店 松下龍二 代表取締役社長は、こう教えてくれた。

「アイ工務店としてはまず、土俵常設型施設『アイベース福岡』を九州場所宿舎として荒磯部屋に貸し出すほか、茨城県に創設された荒磯部屋に併設する、荒磯親方の住居の設計・施工を担う」

「また、アイベース福岡建設で培ったさまざまなノウハウを、今後の事業展開に活かしていく」

「さらに、荒磯部屋が使う10月下旬~11月下旬以外の時期には、小学生、中学高校生など地元のみなさんに開放したい。コロナ禍が終息すれば、地域の人たちへのちゃんこ料理の提供など、地域交流イベントも企画したい」

「また、子どもたち健康づくりの一環として、荒磯親方がちびっ子相撲に取り組んでいるので、その支援などを検討していく。こういった事業には可能な限り、荒磯親方の協力を得たいと思っている」(アイ工務店 松下龍二 代表取締役社長)

「ここアイベース福岡から相撲の魅力を伝えていきたい」

JR筑肥線 今宿駅前に出現した、土俵常設型交流施設「アイベース福岡」。

九州場所が開催される期間は、この駅前が盛り上がりをみせるし、大相撲力士をひと目みたいとわくわくする子どもたちの集合場所になるはずだ。

荒磯親方(もと稀勢の里)は、新たに出現したアイベース福岡をみて、こう語った。

「九州場所はぼくにとっても思い出深い場所。新入幕がここ九州場所だった。この場所が非常に好きな場所。このアイベース福岡でしっかり、弟子たちが10月までやってきた身体づくりを活かして、ひとりでもいい成績が残せるようにしたい」

「地域交流もできる。来年はここアイベース福岡から相撲の魅力を伝えていきたい。福岡市・福岡県を盛り上げて、九州場所に足を運んでもらえるように」(荒磯親方 もと稀勢の里)

―――荒磯親方 もと稀勢の里は、11月13日から福岡・佐賀エリアで放映を開始する、アイ工務店の新TVCMに出演する。

◆アイ工務店
https://www.ai-koumuten.co.jp/

こちらの記事もオススメです