しなの鉄道115系 S15編成 12月上旬引退、廃車し部品取り車に

2021.11.08

しなの鉄道115系 S15編成が12月上旬に営業運転から離脱し、引退する。

2021年3月ダイヤ改正から営業運転についている新型車両SR1系一般車増備に押し出されるかたちで、115系S15編成が12月上旬ころをもって引退することに。

画像は北しなの線 黒姫~妙高高原を行くしなの鉄道115系 S15編成。

同編成は、1978年2月 東急車両製造(現 総合車両製作所)で新製。当時の国鉄 高崎鉄道管理局 新前橋電車区に配置され、民営化以降、複数の地に配置転属を重ね、長野県内では長野・松本地区を中心に活躍したくるま。

2015年3月12日にしなの鉄道に転入し、43年9か月もの間、国内を駆け抜けて線路から降りる。

2021年10月末時点で総走行距離は544万4724km。地球を約136周ぶんもまわったかたち。

115系 S15編成は、しなの鉄道所属車両のなかでは唯一の、長野県外の電車区から転属してきた編成。

また、2021年現在、JR東日本の新長野色をそのままに営業運転についている115系車両を保有するのは、しなの鉄道のみ。

営業運転終了後は、しなの鉄道に残存する115系の安全・安定輸送維持のために必要となる部品を確保すべく、廃車し部品取り車に―――。

しなの鉄道ではまた、新型コロナウイルス感染症への予防対策を十分に行ったうえで、11月27日に「ゆる鉄画廊NOMAD号115系長野色の旅」を開催するというから、その走りをツアーで体感してみて。

画像:しなの鉄道
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです