グリーン車のトイレと洗面所が故障中のE231系K07編成に乗って

2021.12.03

きょう12月3日金曜日。関東はおおむね晴れ。籠原を11:41に出た高崎線・東海道線直通、上野東京ライン1871E 熱海行きに乗っている。

車両は東急車輛製造で2000年代につくられたE231系K07編成、国府津車両センター所属。いま籠原寄りグリーン車 5号車サロE231-1048にいる。画像は同形式のイメージ。

川崎で一気に客が増え、2階席は、2列席に他人が座るほど満席。1階席も2列席のどちらかが埋まっているという混雑ぶり。

客層は、6割がビジネス、2割が観光、それ以外と思しき人たちが2割といった感じ。

そろそろ登場から10〜20年が経つからか、この日はグリーン車利用者には「困ったな」という事態が…。

なんと、グリーンアテンダント控室やトイレ、洗面所がある熱海寄りグリーン車の洗面所・トイレが、故障中!

「アテンダントも普通車の1号車か10号車にあるトイレを使って」とアナウンス。

1号車へむけて離席したビジネス系の男性のひとりは、座席のグリーン券情報ランプが着席中のまま、戻ってこない。おそらく、「普通車座席でいいや」ってことで、グリーン車をやめちゃったんだろう。

混雑していたので、今回は車端部の1フロアフラット座席を選んで仕事場にむかっているけど、ここも激しく揺れるうえに、素人ながら台車付近からゴロゴロゴロ……ゴリッという聞いたことない音も……。

妻面にある電光表示も、スリット状に電光が破綻していて、なにが記されているかまったくわからない……。

1本後の列車に乗り換えてもいいけど、それでは約束の仕事時間にぎりぎりってことで、このまま乗り通すことに。

東海道線のE231系も毎日、熱海・小田原〜新宿・東京〜高崎・宇都宮と、関東を縦断して走っているわけだから、おそらく足腰もくるし、定期検査もいろいろ修繕が多いだろう。

―――車両も、関係者も、おつかれさまです。いつも変わらず走ってくれて、ありがとう。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです