東武2022年春ダイヤ改正 減便やワンマン運転区間拡大ほか、他社線への直通列車にも変化が

2021.12.11

東武鉄道は2022年3月12日(土)、東武スカイツリーライン・伊勢崎線・佐野線・小泉線・桐生線・日光線・鬼怒川線・宇都宮線でダイヤ改正を実施する。昨今の鉄道事業を取り巻く環境変化を踏まえ、改正内容には需要に合わせた輸送力・運行形態の見直しや終電繰り上げ等が盛り込まれた。

輸送需要に合わせた輸送力・運行形態の見直し

浅草~館林間では平日の朝・夕ラッシュ時に列車本数と種別の見直しを行い、主に区間急行の本数を削減する。

東京メトロ半蔵門線・日比谷線直通列車では、東武線内始発・終着駅の変更や一部列車の運転区間を短縮。現行の日比谷線直通普通列車6本のうち、東武動物公園行6本・南栗橋行2本を北春日部行2本・東武動物公園行4本に変更する。

画像:東武鉄道

日光線・鬼怒川線では平日・土休日ともに急行・区間急行の本数及び種別を見直す。現行の下り南栗橋発 東武日光行は急行・区間急行を1本ずつ普通列車に変更し、上りは現行の新藤原・東武日光発 急行1本・区間急行5本を全て普通列車とする。

画像:東武鉄道

佐野線・小泉線・桐生線・宇都宮線では平日・土休日ともに輸送需要にあわせて列車本数と運転時刻を変更。東武スカイツリーライン、伊勢崎線、小泉線で終電繰り上げを実施する。

ワンマン運転区間の拡大

現在は宇都宮線直通列車のみで実施している「南栗橋以北のワンマン運転区間」を拡大。特急列車を除き、南栗橋以北の日光線・鬼怒川線の全線にわたりワンマン運転を実施する。

画像:東武鉄道

野岩鉄道線・会津鉄道線への直通列車にも変化

特急列車・会津マウントエクスプレス・鬼怒川温泉始発の一部普通列車を除き、野岩鉄道線・会津鉄道線への直通列車の運転を取りやめる。

特急リバティの乗車券のみで乗車できる区間が変更される。これに伴い、鬼怒川線内における特急リバティの一部停車駅を変更するほか、野岩鉄道線・会津鉄道線内でも一部停車駅を変更する。

一部特急列車・夕夜間THライナーの運転時刻変更

現行のスカイツリーライナー4号(春日部発 浅草行)は春日部発時刻を2時間弱後ろ倒し、春日部8:04発 北千住8:25着のスカイツリーライナー10号として運転。都内への通勤により便利な朝ラッシュ時間帯着に変更することで、同社は「速くて快適な着席サービス」を提供する。

また昨今の時差出勤やテレワークなどの働き方の変化・多様化に応じ、夕夜間のTHライナー(久喜行)運転時刻を1時間早める。具体的には現行のTHライナー9号(霞が関22:02発)が廃止され、1号(霞が関17:02発)が新設される。

記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事