115系300番台、3年ぶりに四国へ上陸 3月6日に日帰りツアー

2022.02.04

画像はWebサイト「JR四国ツアー」から

JR四国とJR西日本の合同企画として、3年ぶりに115系300番台が四国へ上陸する岡山駅発着のツアープランが組まれた。115系湘南色で早春の観音寺、高松、琴平を1日かけて巡る。

ツアー名は「帰ってきた!115系せとうち国鉄型の軌跡」。3月6日(日)日帰りの限定ツアーとしてJR四国ツアー、各ワープ支店、駅ワーププラザにて発売。2月7日(月)10時より申し込みを受け付ける。

Webサイト「JR四国ツアー」ではすでに詳細も公開されており、クロスシート・ロングシート、電動車・制御車の組み合わせで4通りのプランが用意されている。価格は一人13,000円~17,000円と、各プランによって異なる。

岡山電車区の115系は、2019年春のダイヤ改正で四国島内への乗り入れを終了している。今回のツアーでは、定期運用時代には入線しなかった予讃線観音寺駅、高松駅まで入線する。


LINEで送る

オススメ記事