JOEUF製1926(大正15)年製造 坂本ケーブルのレールをカットして3/12に販売

2022.03.07

路線長2.0km、最急勾配333パーミル、高低差484m、「長さも、眺めも、日本一」の坂本ケーブル。

坂本ケーブルを運行する比叡山鉄道は、坂本ケーブルが開業した1927(昭和2)年から使用していたレールを3月12日開催の「集まれ!京阪グループ@SANZEN-HIROBA」で販売。

販売するレールは、JOEUF製1926(大正15)年製造の37kg/mレール。JOEUF製レールを使用した鉄道は、国内では珍しく希少なレールという。

販売されるレールには、「T-JOEUF-1926」の刻印入りカットレールと、刻印なしのカットレールをラインナップ。

価格は3,300円~110,000円(税込)。完売次第終了。

今回販売のレールには、同社で使用していた上記レールであることの証明書を発行する。

販売日時は3月12日 10時00分~16時00分。「集まれ!京阪グループ@SANZEN-HIROBA」販売会は、12・13日の2日間行われるなか、レール販売は12日のみなので注意を。

販売場所は、KUZUHA MALL 南館ヒカリノモール1F SANZEN-HIROBA(京阪電車 樟葉駅 下車すぐ)。

◆京阪 石山坂本線 600形 619-620号車が 比叡山 びわ湖 山と水と光の廻廊 統一デザインに
https://tetsudo-ch.com/12193710.html

◆近江鉄道で行く滋賀の旅
https://tetsudo-ch.com/tag/ohmitetsudo


LINEで送る

オススメ記事