新潟開港150周年、地元タクシーが連携

2018.07.19

新潟市ハイヤータクシー協会と新潟開港150周年記念事業実行委員会は、タクシー車体へのステッカー貼付や、車内での観光案内チラシの設置で連携。

同市内を走る約1300台のタクシーの車体に、新潟開港150周年のロゴマーク入りのステッカーを貼り付けて盛り上げを図るほか、車内には記念イベントや観光情報を掲載したチラシを配置し、「みなとまち新潟」をアピールする。

こうした連携プロジェクトは、新潟開港150周年記念事業のキックオフイベント「海フェスタにいがた」(7月14日)の開幕にあわせ、新潟市内で展開させている。

こちらの記事もオススメです