H100形気動車4両を観光列車に改造 JR北海道

2022.06.06

JR北海道は2022年6月3日に公開した「JR北海道グループ 経営改善に関する取り組み」のなかで、H100形気動車4両の観光列車化を公表した。

資料では鉄道オペレーションの変革の一環として、第2四半期(7-9月)にH100形気動車を8両導入し、第3四半期(10-12月)でH100形気動車4両を観光列車化改造するとしている。

「DECMO」の愛称を持つH100形は、JR東日本のGV-E400系をベースに開発された電気式気動車。2020年3月にデビューし、函館本線などで活躍している。

<鉄道チャンネル 関連記事>
2022年度、JR三島会社とJR貨物の戦略は ニューノーマル社会に新しいビジネスモデルで挑戦 JR九州は古宮新社長が就任【コラム】
https://tetsudo-ch.com/12352083.html/

(H100形気動車イメージ 写真:トリトン / PIXTA)


LINEで送る

オススメ記事