いいかげんを楽しむ「てきと~な鉄道展」体験型テーマパークが爆誕!

2022.08.05

~いいかげんを楽しむ~たぶん日本初の てきと~な 体験型テーマパーク「てきと~な鉄道展」が横浜の複合型体験エンタテイメント施設「アソビル」2Fの「YOKOHAMA COAST」にて2022年8月6日(土)から同年11月27日(日)まで開催されます。

 

たぶん日本初の てきと~ をテーマにしたエンタメ空間!

「てきと~な鉄道展」を手掛けるのは、累計で約80万人も来場した人気ミュージアム「うんこミュージアム」などを仕掛けた株式会社たのしいミュージアムの企画プロデュースチームです。

今回は大人も子供も楽しめる場所として、鉄道本来の魅力はもちろん、日常にある規制や制約から少しでも開放される “てきと~” を感じてもらう場所を目指したそうです。

実際に会場を訪れてみると、体験型のコーナーも多く、鉄道好きもそうでない人も、みんなで楽しめる鉄道展になっていました。

いたるところに鉄道好きの心をくすぐる魅力がたくさんあります。

入ってすぐの周辺案内図も、入場券が硬券になっていたりとこだわりのポイントがたくさん。

始発駅「てきと~中央駅」は、駅のホームのような空間になっています。

 

このエリアで最初に楽しめるのは「てきと~お絵描き電車」です。

その場で自分の描いた電車イラストが、全体約9mもの巨大なプロジェクションマッピングに投影され、まるで本物の駅のように入ってくる様子を楽しむことができます。

 

「メチャコミ・スクエア駅」は日本の鉄道では日常風景の一部でもある“満員電車”、一見この窮屈そうな状況を様々な人たちが個性的な服装とポーズで集まったインスタレーションコンテンツに。満員電車や混雑したプラットホームをポップな作品として楽しめます。

広告も一つ一つに“てきと~”なこだわりがあります。

忘れ物をテーマにしたユニークでちょっと笑ってしまうような楽しい展示もあります。

 

「エキベン・タウン駅」は、日本の鉄道のグルメコンテンツである「駅弁」をモチーフにした、「てきと~駅弁作り」が楽しめます。

28種類もの具材スタンプを押して、自分だけの「てきと~駅弁」を作ることができます。

 

「ゲーム・ステーション駅」は、鉄道をモチーフにした4種類のユニークなゲームを楽しむことができます。

昔なつかしい雰囲気のゲーム、「てきと~鉄道の達人」。

プレイヤーや友達を撮影してゲームの中に登場!「てきと~鉄道の達人Ⅱ」。

 

吊革を完成させる!「つりか輪投げ」コーナー。

写真映え抜群な、電車を積み上げていく「ぐらぐら銀河鉄道」。

 

終着駅の「てつど~ぶつパーク駅」は、鉄道展唯一の休憩エリアであるこの場所で、座って・寝転んで自由に楽しめます。メインに横切る「寝レール」に、ボールプール等、遊んで寝れるプレイパークです。

 

出口を出てから物販コーナーでは、可愛い・かっこいい鉄道モチーフグッズもあります。

夏休みのお出かけに、家族や友達、おひとり様でもたのしめる鉄道展を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 


LINEで送る

オススメ記事