全車種ラインナップ撮影会、駅長なりきり撮影会など 新京成が10/8に「サンクスフェスタ」

2022.09.08

サンクスフェスタの目玉、全車種撮影会(写真:新京成電鉄)

「鉄道の日」のある10月は、鉄道各社がファンや家族連れをターゲットに企画するイベントが目白押しだ。

千葉県の新京成電鉄は2022年10月8日、鎌ヶ谷市のくぬぎ山車両基地で、「新京成サンクスフェスタ2022inくぬぎ山」を開催する。毎年1回のファン感謝イベントで、今回で26回目。2020年と2021年はコロナ禍で中止だったため、3年ぶりの実開催。参加者は入場時間を区切って完全予約制にするなど、感染拡大防止に万全の備えを敷く。

主なメニューは、全車種ラインナップ撮影会、運転席での撮影会(事前応募制)、モーターカー試乗体験(同)、なりきり駅長撮影会、踏切脱出体験、ミニ電車運転、ふなっしートレイン展示、重ね捺しスタンプラリーなど。ファンが殺到する可能性が高い、新京成オリジナルグッズ販売や鉄道部品販売、鉄道他社の出店は見送り。軽食販売は取りやめ、飲料だけを売る。

開催時間は9時30分~15時で、入場時刻は9時30分、10時30分、11時30分、12時30分、13時20分の5部制。会場滞在時間は最長約2時間で、各回ごとに入れ替える。

会場はくぬぎ山駅から徒歩約20分。申し込みはサンクスフェスタ専用サイトからで、応募多数の場合は抽選。締切は2022年9月12日。当選者には9月21日にメールで知らせる。

記事:上里夏生


LINEで送る

オススメ記事