陸送の合理化は緒に就いたばかり?

2018.08.22

※記事内用とは直接関係ありません

JPR、キューピー、ライオンの異業種3社 共同幹線輸送を開始

これまでJPR、キユーピー、ライオンは、各社個別でトラック等を手配し、商品等の輸送を行っていました(JPR:九州~関西、キユーピー:関東~九州、ライオン:四国~関東)。
しかし昨今の物流業界での課題を受け、共通の課題を持っていたJPR、キユーピー、ライオンの3社による共同輸送について検討を始め、今年6月関東~九州間の往復(総移動距離2,811㎞)で共同幹線輸送※1のテストを実施しました。その結果、実車率※2の向上、ドライバーの労働環境改善、またCO2排出量の削減などの効果が得られました。

※1幹線輸送:拠点に荷物を大量に集め、その拠点から別の拠点に輸送機関で運ぶ
※2 実車率:総移動距離のうち、実際に貨物を積載して移動した距離の比率

この結果を受け、8月22日より3社による共同幹線輸送が本格稼働します。積載するのは、JPRの物流機器(パレット)、キユーピーの調味料、加工食品等、ライオンのハンドソープ、ボディソープ等です。

共同幹線輸送のポイント

①異業種の新たな協働
安定的な輸送の実現には、同業界以外に業界業種を超えた協力も必要になると考えられます。今回、食品業界のキユーピー、トイレタリー業界のライオン、レンタルパレット業界のJPRの異業種3社で共同幹線輸送に取り組みました。

②実車率99%超を実現
総移動距離2,811㎞(関東~九州の往復)のうち、2,797㎞で貨物を積載するため、99%を超えた高い実車率が得られます。さらには車両の有効活用、ドライバーの労働環境改善(運行スケジュールの明確化)、フェリーの定期便の利用により配車工数の削減も可能です。

③CO₂排出量の削減
船舶へのモーダルシフト、実車率の向上、ムダのない運行、車両の有効活用により、個社単位での輸送時よりCO₂排出量を62%以上低減します。

《積載対象商品》
・JPR:物流機器(パレット)
・キユーピー:調味料、加工食品等
・ライオン:ハンドソープ、ボディソープ等

《今後の展開》
業界業種に関わらずパートナーとなりうる企業と積極的に取り組みを拡げ、持続可能な物流網の構築が必要です。一緒に取り組みたいという荷主企業が、今回の発表を受けて増えることを期待します。

陸送業界のドライバー不足など、既に社会的な問題になって時間が経っている様な印象ですが、この記事からも分かる様に、まだまだ空荷で無駄に走っている陸送トラックが数多くいるのです。この取組は素晴らしい。

大手の運送会社が積極的に荷主同士をアレンジすることで、単なる価格競争から次の合理的な輸送維持に向けた取組が喫緊の課題ではないでしょうか。

こちらの記事もオススメです