小田急5000形増備車の搬入をVSEで見に行こう!車両輸送担当者のトークショーも

2022.10.29

小田急電鉄は特急ロマンスカー・VSEで一夜を過ごす特別ツアーの第2弾として、「VSEに乗って、5000形増備車の搬入を見に行こう!」を実施します。

こちらは同社が増備を続ける通勤型車両の最新モデル「5000形(5062×10、2023年1月運用開始)」の搬入の様子を見学できるというちょっと変わったツアーです。

出発日は2022年12月3日(土)。夜の22時ごろにVSEで新宿駅を出発し、車両輸送の現場である新松田駅へ向かいます。道中、VSEの車内ではアナウンスを通じて車両輸送の工程などをレクチャーするほか、秦野駅ではVSEの撮影タイムも。

新松田駅ではJRの機関車が5000形を牽引。そのブロアー音や車両輸送の特殊作業を間近で楽しむことができます。その後、VSE車内では車両輸送を担当したスタッフが当日の作業を振り返りながら解説を行います。

募集人数は60人。2022年11月1日(火)12時30分から小田急旅の予約サイトで申込を受け付けます。参加費は50,620円(OPクレジット会員は49,620円)で、ツアーオリジナルグッズや記念乗車証なども付きます。

(画像:小田急電鉄)


LINEで送る

オススメ記事