「JR東日本トレインシミュレータ」11/15本格配信!「東海道線」「中央線快速電車」「大糸線」の運転を楽しめます

2022.11.01

東海道線E233系イメージ。※開発中の画面であり、実際にリリースするものと一部異なる場合があります(画像:JR東日本)

JR東日本は2022年11月1日、現在早期アクセス版として配信中の「JR東日本トレインシミュレータ」の本格配信を、2022年11月15日から開始すると発表しました。

新たに楽しめる路線と配信車両はこちら。

<東海道線>
下り 東京-品川(基本パック)
下り 東京-熱海(DLC)

<中央線快速電車>
上り 高尾-八王子(基本パック)
上り 高尾-東京(DLC)

<大糸線>
下り 松本-梓橋(基本パック)
下り 松本-南小谷(DLC)

<配信車両>
東海道線 E233系3000番代
中央線快速電車 E233系0番代
大糸線 211系

価格は基本パック3路線セットで2,980円。ただし、早期アクセス版を購入済みの方は無料アップデートで基本パックを楽しめます。DLCは東海道線が3,980円、中央線快速電車と大糸線がそれぞれ2,980円です。

基本パックの配信開始にともない、早期アクセス版(京浜東北線および八高線)は終了。11月15日以降は画面がアップデート版に切り替わり、プレイできなくなりますのでご注意ください。


LINEで送る

オススメ記事