※2023年04月撮影

ようやく「調布駅」から分岐する「相模原線」に【駅ぶら】の駒を進めます。トップ画像の前面展望は、2012年(平成24年)8月に地下化された調布駅から出発し、「相模原線」が地上に出た瞬間。

地下から高架線に上ってゆきます。「京王多摩川駅」の駅前に建つ高層マンションで駅の位置が分かります。

ADVERTISEMENT

※2023年04月撮影

「調布駅」から「京王多摩川駅」までは、1.2km。

実は、「京王多摩川駅」までの区間、開業は1916年(大正5年)と100年以上歴史をさかのぼります。当初は「多摩川原駅」でした。もちろん高架線ではなく単線。駅名は1937年(昭和12年)「京王多摩川」に改称されます。

※2023年04月撮影

1924年(大正13年)にこの区間が複線化。1927年(昭和2年)に「京王電気軌道(現・京王電鉄)」が多摩川原遊園「京王閣」を開設したのです。

戦時下の「陸上交通事業調整法」で1944年(昭和19年)「東京急行電鉄」と合併し「京王営業局」になり、翌年終戦。1947年(昭和22年)京王閣は売却され、その跡地に1949年(昭和24年)「京王閣競輪場」が開設されました。

1948年(昭和23年)「東京急行電鉄」は再編され「京王帝都電鉄」が設立されました。1998年(平成10年)会社設立50周年に社名を「京王電鉄」に変更しています。

1955年(昭和30年)駅の南に「京王遊園」開園、後に現在の「京王テニスクラブ」になります。

※2023年04月撮影

短い右カーブの先に高架駅が見えてきました。

※2023年04月撮影

「京王多摩川駅」ホームは、左にカーブしています。

※2023年04月撮影

到着します。

※2023年04月撮影

下り1番線ホームです。

※2023年04月撮影

多摩川に向かってさらに左カーブが続いています。

※2023年04月撮影

ここからは、10月に撮ったカットになります。下りホームに降り立ちました。

※2023年10月撮影

「京王多摩川駅」周辺は、筆者にとっては「映画の町」なのです。次回に続きます。

(写真・文/住田至朗)

※駅構内などは京王電鉄さんの許可をいただいて撮影しています。

※鉄道撮影は鉄道会社と利用者・関係者等のご厚意で撮らせていただいているものです。ありがとうございます。

※参照資料

・『京王ハンドブック2022』(京王電鉄株式会社広報部/2022)

・京王グループホームページ「京王電鉄50年史」他

下記の2冊は主に古い写真など「時代の空気感」を参考にいたしました

・『京王電鉄昭和~平成の記録』(辻良樹/アルファベータブックス/2023)

・『京王線 井の頭線 街と駅の1世紀』(矢嶋秀一/アルファベータブックス/2016)