※2023年12月撮影

トップ画像は、「若葉台駅」から北に500メートルほどの「若葉台公園」。稲城市立の公園です。筆者は、宅地化される以前の「多摩丘陵」の名残が感じられるかもしれないと思ってやってきました。

「若葉台公園総合案内板」少しかすれ気味で見辛いです。稲城市の案内です。

ADVERTISEMENT

※2023年12月撮影

面積は、約9.8ヘクタールと広大です。

※2023年12月撮影

テニスコートがあります。

※2023年12月撮影

中学時代硬式テニス部だったことを思い出しました。(笑)

遊具には小さな子供たち。

※2023年12月撮影

広いのでノンビリ歩いています。

※2023年12月撮影

ベンチもあるので疲れたら座って寛ぐこともできます。

※2023年12月撮影

大きなすり鉢状の広場が見えてきました。

※2023年12月撮影

南の「若葉台駅」方面を見ています。

※2023年12月撮影

「花の段々広場」の下に池と四阿があります。とにかくスケールが大きい。一望して息をのみました。

※2023年12月撮影

もう少し「若葉台公園」を散歩します。

(写真・文/住田至朗)

※駅構内などは京王電鉄さんの許可をいただいて撮影しています。

※鉄道撮影は鉄道会社と利用者・関係者等のご厚意で撮らせていただいているものです。ありがとうございます。

※参照資料

・『京王ハンドブック2022』(京王電鉄株式会社広報部/2022)

・京王グループホームページ「京王電鉄50年史」他

下記の2冊は主に古い写真など「時代の空気感」を参考にいたしました

・『京王電鉄昭和~平成の記録』(辻良樹/アルファベータブックス/2023)

・『京王線 井の頭線 街と駅の1世紀』(矢嶋秀一/アルファベータブックス/2016)